スポンサーリンク

「長期借入金」と「短期借入金」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「長期借入金」と「短期借入金」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「長期借入金」「短期借入金」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「長期借入金」とは?

長期借入金は、ちょうきかりいれきんと読むのが正解な言葉です。

漢字で書かれたこの言葉を見れば理解出来る事でしょうが、ながいきかんという意味を持っている長期の漢字に、他からかりいれするおかねといった意味を有する借入金の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ長期借入金は、1年を超える長期間で返済する借入金を表すのです。

「長期借入金」の言葉の使い方

長期借入金は、文字通り1年以上という長期の期間で返済する借入金という意味で使われる言葉となっています。

金融機関や他人から借り入れたお金の内で、返済期限が1年以上のものに対して、この長期借入金という言葉が使用されるのです。

「短期借入金」とは?

短期借入金は、たんきかりいれいきんと読むべき言葉となっています。

文字で記載されたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事となりますが、みじかいきかんという意味の短期の文字に、他者からかりたおかねといった意味がある借入金の文字を加える事で完成した言葉です。

以上の事から短期借入金は、1年以内に返済期限が来る借入金を示します。

「短期借入金」の言葉の使い方

短期借入金は、返済する期限が1年以内に到来してしまう借入金といった意味で用いられる言葉です。

金融機関や取引先等から受けた借入金の中で、返済期限が1年以内に設定された借金に関し、この短期借入金という言葉が使用されております。

「長期借入金」と「短期借入金」の違い

長期借入金と短期借入金の漢字表記を見比べれば、最初の漢字が長と短という違いがある事に気付けるものです。

所がその後に続く4つの漢字は全く同じで、共に借入金に関連した意味を持っています。

ただし長期借入金は、返済期限が1年以上ある借入金を表すのです。

一方の短期借入金は、返済期限が1年以内に設定された借入金を示します。

まとめ

2つの言葉は共通する漢字も多く、どちらも借入金を指し示す言葉です。

ですが最初の漢字が違う事で、示す意味にも相違点も生じています。

ちなみに長期借入金は、文字通り返済期間が1年以上という長期に設定された借入金を表す言葉として使われているのです。

対する短期借入金は逆に、返済期限が1年以内という短期に設定された借入金を示す言葉として用いられています。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典