スポンサーリンク

「兎にも角にも」と「兎に角」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「兎にも角にも」と「兎に角」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「兎にも角にも」「兎に角」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「兎(と)にも角(かく)にも」とは?

「兎にも角にも」には以下の意味が含まれています。

「それはさておき」「いずれにせよ」
「何やかやと」「あれこれと」
「兎にも角にも」の類義語には「何(なに)しろ」「何分(なにぶん)」「ともあれ」「それはともあれ」「つまり」「どの道」などがあります。

ちなみに、「兎」「角」という漢字は当て字であるため、とりわけ意味などは含まれていません。

「兎に角にも」の使い方

「兎に角にも」は副詞として使われています。

「兎(と)に角(かく)」とは?

「兎に角」には以下の意味が含まれています。

「他の事柄とは別の問題としてという気持ちを表す」「何はともあれ」「いずれにしても」
「上の事柄にはかかわらないという気持ちを表す」「さておき」「ともかく」

「兎に角」の使い方

「兎に角」は副詞として使われています。

「兎にも角にも」と「兎に角」の違い

「兎にも角にも」を省略した表現が「兎に角」であり、どちらも「何はともあれ」「いずれにしても」「それはさておき」「ともかく」などの意味を表す言葉になります。

ちなみに、「兎に角」という当て字は仏教用語の「兎角亀毛」に由来しているとも言われ、この仏語は「ウサギに角、カメに毛が存在しないように、現実にはありえないものの例え」としてや「実際にはないものを有るとすること」という意味を指していたようです。

「兎にも角にも」の例文

・『兎にも角にも、この状況を打開するための策を講じなければならない』

「兎に角」の例文

・『彼は兎に角、新しいことはやらずにはいられない性格のようだ』

まとめ

「兎にも角にも」「それはさておき」「いずれにせよ」「何やかやと」「あれこれと」などの意味を表す言葉です。

そして、「兎に角」「他の事柄とは別の問題としてという気持ちを表す」「何はともあれ」「上の事柄にはかかわらないという気持ちを表す」「ともかく」という意味を表す言葉であり、「兎にも角にも」を省略した表現になります。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典