スポンサーリンク

「体制」と「制度」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「体制」と「制度」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「体制」「制度」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「体制」とは?

体制は、たいせいと読むのが正解な言葉です。

漢字で書かれたこの言葉を見れば理解出来る事でしょうが、各部を組み立てた纏まりのある組織や形といった意味を持っている体の漢字に、形をつくり整えるといった意味を有する制の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ体制は、統一的に組織されて形づくっている状態や社会を支配する側の勢力といった意味を表すのです。

「体制」の言葉の使い方

体制は、形づくって組織されている状態や支配する側の勢力といった意味の言葉として使われています。

そのため体制を使用した言葉としては、経営体制とか、体制側といった表現を見掛ける事が可能です。

「制度」とは?

制度は、せいどと読むべき言葉となっています。

文字で記されたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事ですが、きまりや秩序づける枠等の意味の制の文字に、物事の基準といった意味がある度の文字を付け加える事で完成した言葉です。

以上の事から制度は、人間の行動や関係を規制する目的で確立された決まり、といった意味を示します。

「制度」の言葉の使い方

制度は、国や組織等を円滑に運営するために定められる決まり、といった意味の言葉として用いられているのです。

そのためこの制度を使った言葉としては、制度改革や封建制度といった表現を見掛ける事が出来ます。

「体制」と「制度」の違い

体制と制度の漢字を見比べれば直ぐに、体と度という漢字の違いがある事を発見可能です。

所が制の漢字は共通しており、共に漢字2文字で表現される言葉であるため、ごっちゃになる恐れはないとは言えません。

とはいえ漢字の違いにより、示す意味には違いがあるのです。

まず体制は、各部分が統一的に組織される事で全体を形成している状態や、社会を支配する権力といった意味を表します。

一方の制度は、団体や国家等を運営するために定められた決まりといった意味を示すのです。

まとめ

2つの言葉は、共通する漢字があるものの、もう1つの漢字が違う事で、表現する意味合いにも相違点を見付ける事が出来ます。

ちなみに体制は、統一的に組織される事で全体を形づくっている状態や、社会を支配している権力といった意味に使われる言葉です。

対する制度は、国家とか組織を統治したり、運営する目的で定められた決まり、といった意味の言葉として用いられています。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典