スポンサーリンク

「算術平均」と「幾何平均」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「算術平均」と「幾何平均」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「算術平均」「幾何平均」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「算術平均(さんじゅつへいきん)」とは?

「算術平均」とは、「いくつかの数値の総和を数値の個数で割ったものの元の数値に対する称」を意味する言葉です。

「算術」とは、「計算の方法」という意味を表す言葉です。

「算術平均」の使い方

「算術平均」は名詞として使われています。

「幾何平均(きかへいきん)」とは?

「幾何平均」とは、「数学における平均の一種」「n個の数の積のn乗根」という意味を表す言葉です。

「幾何」とは、「数量や程度が不明、不安定なこと」という意味を表す言葉です。

「幾何平均」の使い方

「幾何平均」は名詞として使われています。

「算術平均」と「幾何平均」の違い

「算術平均」とは「ある数値の総和を数値の個数で割り出した数値」のことを指します。

対して、「幾何平均」「n個の数の積のn乗根」という意味を指す言葉になります。

「算術平均」の例文

・『各商品の売上の算術平均を算出してみる』
・『平均には相加平均とも呼ばれる算術平均のほか、加重平均や調和平均、幾何平均などがある』
・『算術平均のみならず、その他の平均の数式も用いて平均値をいくつか算出してみる』

「幾何平均」の例文

・『幾何平均にかんする解釈に不備があるので、復習をして地固めをしなければならい』
・『幾何平均の計算を算出できる数学式を暗記しなくてはならない』
・『幾何平均を用いた平均値で算術平均で導き出した平均値との比較を試してみる』

まとめ

「算術平均」とは、「いくつかの数値の総和を数値の個数で割ったものの元の数値に対する称」を意味する言葉です。

「幾何平均」とは、「数学における平均の一種」、「n個の数の積のn乗根」という意味を表す言葉です。

「算術平均」とは「ある数値の総和を数値の個数で割り出した数値」のことを指します。

対して、「幾何平均」「n個の数の積のn乗根」という意味を指す言葉になります。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典