スポンサーリンク

「移植」と「移殖」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「移植」と「移殖」の違いとは?違い
スポンサーリンク

今では、医学の進歩も日進月歩で、以前は不可能だった臓器移植が可能になったというニュースも聞きます。

この「移植」ですが、なぜ「植」の字をつかっているのでしょうか?「移殖」とはどう違うのでしょうか。

この記事では、「移植」「移殖」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「移植」とは?

「移植」とは、植物をその生育のために別の場所に移して育てること、また動物や人間の組織を切り取って別の場所、あるいは別の個体に移すことを表す言葉です。

英語でも、「transplant」と言われていて、「植」の文字が使われているように、もともとは植物を移すことのみを示す言葉でした。

臓器の移植に関しても同じ「transplant」が使われます。

「移殖」とは?

「移殖」とは、一般的には「移植」と同じ意味で使われますが、別の意味として動物を別の場所に移して繁殖させるという意味もあります。

これは特に「殖」という文字が使われていることから、「繁殖」という意味が加わったものです。

「移殖」には様々な目的がありますが、最近問題になっているように、場合によっては移した先の生態系を壊すこともあり得るので、注意が必要です。

この意味での英語は「transfer」になります。

「移植」と「移殖」の違い

「移植」「移殖」の違いを、分かりやすく解説します。

この2つの言葉は、植物を別のところに植え替えることや、臓器を移すことを表す言葉として使われており、「移殖」「移植」の誤記として認識されることもあり、ほとんどの場合は同じ意味で使われています。

しかし、違いが表れることもあり、特に、魚などの動物を生息していないところに移してそこで増やすことを「移植」というが「移植」とは言わないという部分が両者の違いと言えます。

まとめ

この記事では、「移植」「移殖」の違いに関して説明してきました。

「移植」というものが始まってからすでに100年は経っています。

そのなかで、多くの医師や研究者たちは「免疫」と戦ってきました。

つまり、他人の臓器を移植すれば人間に備わっている免疫の機能によって拒否反応が出てしまいます。

場合によってはそれで亡くなることもあるので、「免疫」の問題は重要なのです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典