「依頼」と「委託」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「依頼」と「委託」の違いビジネス・就職・転職

この記事では、「依頼」「委託」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは早速、「依頼」の意味から説明します。

「依頼」の意味

最初に「依頼」(いらい)の意味をご説明致します。

「依頼」の意味としては、基本的に自分が相手に対して、仕事などを頼むという意味です。

また、相手を信頼しているという意味を表現する際も使います。

「依頼」の使い方

次は「依頼」の使い方を解説していきます。

「依頼」を使う時は、相手を信頼してものを頼む時や、仕事などを頼む時に使います。

それでは具体的な使い方を見てみましょう。

「あの人は非常に仕事に対しては真面目なので、依頼したいと思っている」「この仕事に関しては、外部の企業に依頼するという認識が強い」 以上が「依頼」の使い方になります。

「依頼」を使った例文

ここの項目においては「依頼」を使った例文を書いていきます。

・『依頼を引き受けるには、ある程度の報酬を頂く必要がある』
・『今回の依頼は、非常に利益が望めるので、依頼を受けることにしたと上司が言っていた』
・『場合によっては、依頼を断ることもあるらしい』
・『彼はドラマの出演依頼を断ったそうだ』
・『依頼された仕事を全うする。これが我々の務めである』
以上が「依頼」を使った例文になります。

「依頼」の類語

ここでは「依頼」の類語を説明していきます。

「依頼」の類語としては、「申し出」(もうしで)や「要望」(ようぼう)、「要求」(ようきゅう)、「請求」(せいきゅう)、「頼み」(たのみ)などが類語になるでしょう。

これら類語の意味は、自分が相手に対して物事を頼むという意味合いや意味があります。

以上が「依頼」の類語の解説とします。

「依頼」の対義語

次は「依頼」の対義語を解説します。

「依頼」の対義語としては、「請負」(うけおい)や「承認」(しょうにん)や「承諾」(しょうだく)が対義語になります。

対義語の意味は、相手の仕事を請け負ったり、相手の依頼や要求を認める場合や、受け入れるという意味や意味合いがあります。

「依頼」の対義語については以上です。

「委託」の意味

ここでは「委託」(いたく)の意味をご説明致します。

「委託」の意味は、基本的に本来ならば自分が執り行うべき物事を、業者や人に頼むことです。

また、法律関係及び事務的処理などを他人に任せる際にも使われますし、取引が行われる場所のスタッフに、注文などを申し付ける意味でも使われます。

これが「委託」の意味になります。

「委託」の使い方

次は「委託」の使い方について解説していきます。

「委託」を使いたい場合は、自分が処理すべきことを業者や他人に頼る時。

そして、取引を行う場所のスタッフに注文する場合や、法律関係や事務的処理などを任せる時に使っていくことが一般的とされています。

「商品の仕入れなどは自分がするが、ホームページ作成は業者に委託している」「訴訟の手続きなどは、顧問弁護士に委託している」 これらの使い方が、一般的な使い方となります。

「委託」を使った例文

次の項目では「委託」を使った例文を書きます。

・『三菱だけでは零戦の生産が間に合わないので、中島飛行機にも委託することが決まった』
・『委託するにも費用が掛かってくる』
・『雑務は全部、事務員に委託しているので大丈夫だ』
・『ワイシャツのデザインを有名なデザイナーに委託している』
・『確定申告や年末調整などは、会計事務所に委託している』
この5つの例文が、「委託」を使った例文です。

「委託」の類語

「委託」の類語を解説していきます。

「委託」の類語としては、「託する」(たくする)や「任せる」(まかせる)、「見込む」(みこむ)「頼む」(たのむ)などが類語になります。

意味としては、相手や相手の企業などを、信頼しているという意味や、相手の腕前などを見込むという意味合いで使います。

以上が「委託」の類語についてでした。

「委託」の対義語

「委託」の対義語を取り上げます。

「委託」の対義語は、「受託」(じゅたく)や「引き受ける」などが対義語になります。

これらの意味としては、相手から頼まれた物事を、処理できるとにらみ、受け入れるという意味になります。

「委託」の対義語についての説明は以上します。

「依頼」と「委託」の違い

ここでは「依頼」「委託」の違いを取り上げてみましょう。

「依頼」というのは、他人・相手に対して仕事などを頼むという時と相手を当てにしているという意味になります。

「委託」は、自分が対応・対処するべき物事を人や業者などにお金を払って、処理してもらうという意味になります。

また、法律関係や事務処理などを、他人に対してお願いするという意味もあります。

そして、取引などが行われる場所で、そこのスタッフに物事をお願いしたり注文などを申し付けるという意味としても使う時があるのです。

以上が「依頼」「委託」の違いとなります。

「依頼」と「委託」の使い方の違い

最後に「依頼」「委託」の使い方の違いを取り上げます。

「依頼」を使う際は、物事を人に頼む時や当てにする時に使うものです。

「委託」を使う時は、自分が処理すべき内容を、お金を払い人や業者などに頼むという時や、法律・事務処理などを他人に頼む時、注文などをスタッフに申し付ける時に使います。

それでは使い方をみてみましょう。

「彼の記事の作成を依頼した」こちらは「依頼」の使い方になります。

「車の輸入を別の会社に委託することにした」
「法律関係は全部、弁護士に委託しております」
以上が「委託」の使い方になります。

以上をもちまして、「依頼」「委託」の使い方の違いの解説とします。

まとめ

最後のまとめとしては、「依頼」というのは、相手(他人など)に、仕事などを頼むという意味があります。

また、相手を当てにしている(信頼している)という意味合いも含んでおります。

そして、「委託」の場合は、自分が処理するべきことを人や業者にお金を払い、処理してもらうことです。

また、法律関係や事務的処理などを他人に任せる場合や、スタッフなどに注文をお願いする時などにも使う場合があるのです。