スポンサーリンク

「貴重」と「希少」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「貴重」と「希少」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「貴重」【きちょう】と「希少」【きしょう】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「貴重」とは?意味

有名人が作ったなかなか手に入らない価値がある高いものを「貴重」【きちょう】といいます。

人には真似できないものであったり、二度と作られないものであるので、価値がついて高値で売買されているものを指すわけです。

「貴重品」はその人にとって大事なものを意味するものであり、人生にとって思い出が深いものという意味合いがあります。

「希少」とは?意味

数が少なく、とても珍しいものであることを「希少」【きしょう】といいます。

「希少価値」が付いたものは人々が珍しいものと珍重し、なんとしてでも手に入れたいと大金をはたいて買うこともあるほど、数量が少ないことを表すわけです。

また、高度な技術力を持つ人は数少なく、希少であるためそのような人材は高い給料を出してでも欲しいと思う企業が多いでしょう。

「貴重」と「希少」の違い

「貴重」「希少」の違いを、分かりやすく解説します。

滅多に手にできないものを「貴重」といって、いかに存在価値が高いかを表します。

そのため、「貴重」な品を見せたもらったときは感謝したり、大切に使いたいと金庫にしまって盗まれないようにするわけです。

もう一方の「希少」は、かなり珍しい形であったり、色などのものを意味する言葉であり、簡単には買えないということを意味するという違いが見られます。

「貴重」の例文

・『貴重なものなので、指先ほどの微量であっても数千円はする』
・『今では職人も少なく、作り手が減っている貴重なお菓子を頂いた』

「希少」の例文

・『博物館で希少な動物の剥製を見て心打たれた』
・『希少な器を手に取り、形と色をじっくり楽しんだ』

まとめ

数が少ないものであったり、自分にとって大事なものを「貴重」といい、世の中になかなか出回っていない数が少ないものや、お目にかかれないものを「希少」と覚えておくといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典