スポンサーリンク

「平太鼓」と「締太鼓」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「平太鼓」と「締太鼓」の違いとは?違い

この記事では、「平太鼓」「締太鼓」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「平太鼓(ひらだいこ)」とは?

「平太鼓」とは、「銅鑼のような形状をしている太鼓」のことです。

形状に加えて、出す音も銅鑼に似ていることから「平太鼓」は別名「銅鑼太鼓(どらだいこ)」とも呼ばれています。

そのほか、「平太鼓」は胴の部分に3か所の鉄環が備え付けられており、その鉄環に紐などを通して木枠に吊り下げて打っていたことから「平釣太鼓」の名でも呼ばれていました。

現在では、据え置きにしたり、台に立てかけて打つスタイルが主流となっています。

サイズも元々は2尺以下のものが主流でしたが、現在では3尺以上の大きなサイズのもの(=大平太鼓)も作られています。

「締太鼓(しめだいこ)」とは?

「締太鼓」とは、「歌舞伎囃子や能、民俗芸能の祭囃子、獅子舞などで用いられる太鼓」のことです。

「締太鼓」は伎楽で用いられていた「細腰鼓」を基に神楽や田楽、猿楽、歌舞伎、長唄、能楽と時代を共に囃子用へ改良されていきました。

近年になるにつれ、歌舞伎や能楽で用いられていた「締太鼓」は厚い革に強い張り、そして大きくて深い胴になっていったのです。

「締太鼓」は鉄輪に張った革を縄で結び、締め付けられており、この縄の締め具合で音をチューニングすることができます。

祭囃子などでは主に「地打ち」を打つことで、曲のテンポやリズムを維持する役割を担います。

「平太鼓」と「締太鼓」の違い

「平太鼓」は銅鑼のような形状や音を出す太鼓であり、そのことから「銅鑼太鼓」「平釣太鼓」とも呼ばれている太鼓の一種です。

対して、「締太鼓」「歌舞伎囃子や能などで用いられている太鼓」のことであり、比較的小さいサイズの太鼓になります。

まとめ

「平太鼓」とは、「銅鑼のような形状をしている太鼓」のことです。

「締太鼓」とは、「歌舞伎囃子や能、民俗芸能の祭囃子、獅子舞などで用いられる太鼓」のことです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典