スポンサーリンク

「大食い」と「早食い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「大食い」と「早食い」の違いとは?違い

この記事では、「大食い」「早食い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大食い」とは?

「大食い」「おおぐい」と読みます。

意味は「食べ物を人よりたくさん食べること」です。

他の人と比較して、一度に食べる量がいちじるしく多い人を表す言葉です。

「大食い」の言葉の使い方

「大食い」は名詞・形容動詞として「大食いだ・である」「やせの大食い」「大食い大会」などと使われます。

「大」「形・数量・規模などがおおきい」という意味、「大食い」「食べる量が人より多いこと」なります。

基本的に、時間に関係なく、人より量をたくさん食べる人に使われる言葉です。

「早食い」とは?

「早食い」「はやぐい」と読みます。

意味は「食べる時の時間が人より短いこと」です。

他の人と同時に食べ始めても、一人だけいちじるしく短時間で食べ終わる人を表す言葉です。

「早食い」の言葉の使い方

「早食い」は名詞・形容動詞として「早食いだ・である」「早食い競争」などと使われます。

「早」「速度がはやい」という意味、「早食い」で、「食べる時間が人より短いこと」になります。

基本的に、量に関係なく、人より短時間で食べ終わる人に使われる言葉です。

「大食い」と「早食い」の違い

「大食い」「時間に関係なく、人より量をたくさん食べる人」という意味です。

「早食い」「量に関係なく、人より短時間で食べ終わる人」という意味です。

「大食い」の例文

「大食い」の例文は以下の通りです。

・『彼女は典型的なやせの大食いだ』
・『メガ盛りメニューの大食いに挑戦する』
・『大食い夫婦なので毎月の食費がかかる』

「早食い」の例文

「早食い」の例文は以下の通りです。

・『ホットドッグの早食い競争で優勝する』
・『早食いは身体に悪いので慎む』
・『ビジネスマンにとって早食いもスキルの一つだ』

まとめ

今回は「大食い」「早食い」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典