スポンサーリンク

「異例」と「特例」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「異例」と「特例」の違いとは?違い
スポンサーリンク

「異例」「特例」には、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、「異例」「特例」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「異例」とは?

「異例」は、普通と異なる例や今までに例がないこと、初めてのことを意味します。

前例がないことにおいて「異例」という言葉が用いられます。

言い換えれば、「イレギュラー」「特別」「非常」「例外」などと同じです。

また、対義語は「通例」です。

「異例」の使い方

「異例」は、「異例の事態」「異例の処置」「異例の出世」「異例の暑さ」「異例中の異例」などといった形で用いられます。

「特例」とは?

「特例」は、特別に設けられた例外や特別の場合に適応される法令、規定といった意味があります。

通例ではなく、特別なことに対し「特例」という言葉が用いられます。

言い換えれば、「エクセプション」「異常事態」「特殊な事態」「イレギュラーなこと」「前例にないこと」などと同じです。

また、対義語は「通例」です。

「特例」の使い方

「特例」は、「特例措置」「特例申請」「特例国債」「特例を認める」などといった形で用いられます。

「異例」と「特例」の違い

「異例」は、前例のない初めてのこと。

「特例」は、特別に設けられたこと。

といったような違いがあります。

「異例」の場合、必ず初めての例となりますが、「特例」の場合は前例があった可能性が高く、この点においても大きな違いがあります。

「異例」の例文

・『彼の昇進は、異例の出世だと言える』
・『異例の事態に備え、常に緊張感を持って行動して頂きたい』
・『今年の夏は異例の暑さでした』
・『人気実力ともに高評価の選手は、異例の長期契約で残留を決めた』

「特例」の例文

・『よほどのことがない限り、特例は認められないだろう』
・『校長先生の判断で、今回は特例として認めて頂くことができた』
・『緊急事態ということもあり、適用の特例を認める』
・『特例処置として、選手の交代を認めた』

まとめ

以上のようにニュアンスの異なる2つの言葉となります。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典