スポンサーリンク

「市」と「区」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「市」と「区」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「市」「区」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「市」とは?

「市」は、人口が多く、そのうえで自治体という存在が密集化にある都市のことで自治体が街を管理します。

ちなみに、自治体がない「市」という存在もありまして、こちらについては財政に余裕があるので個人に委託するとか、個人自体がそのエリアの自治を担うという方法で自治体がないエリアである「市」が存在しています。

「区」とは?

「区」は、そのエリアが政令指定都市で50万人以上の人口を持つ都市の区分ことです。

なお、この都市に指定されると、市独自で法令を作り上げ、その法令を行使してその年に住む人物に法令を守らせることと、守らない場合における罰則を与えることが可能です。

なぜ、法令を作れるかですが、これは、国から、市に対して行政を管理する権限が与えられているがゆえになります。

よって、区域ごとに法令を作り、周囲を従わせることが可能となります。

「市」と「区」の違い

両者の違いは、「市」は、街そのもので都市の在り方を意味し、自治体が密集しているという意味になります。

一方で、「区」は、街そのものではなく、町の在り方を意味しており、このエリアはこの法令が適応されるという具合にエリアごとに「市」が作る法令があります。

この法令に従うか従わないかで罰する罰しないがあるわけです。

「市」の例文

・『市の条例に従う』

「区」の例文

・『区は、独自に行政を持ちそれを行使可能である』

まとめ

「市」については、自治体という存在が街を管理しているとみてよい都市の在り方を意味しますが、自治体がない「市」もあるので、自治体の集団がある都市だという意味ではないです。

よって、「市」はとりあえず、自治体があり自治体が街を管理するという流れでよいでしょう。

そして、「区」は、そんな「市」という街の在り方に対して、町側に行政の執行権利があるので、町独自のルールが作れ、町独自のルールを市民に課せるという考え方でよいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典