スポンサーリンク

二重整形の「埋没法」と「切開法」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
二重整形の「埋没法」と「切開法」の違いとは?違い

この記事では、二重整形の「埋没法」「切開法」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

埋没法とは?

二重整形の埋没法は、医療用の細い糸を使ってまぶたの内側を数か所縫い留めて二重まぶたを作る方法です。

皮膚を切る必要がなく、手術時間も10分から20分程度と短くて済みます。

切らないことでダウンタイムも短くなります。

ダウンタイムとは、手術後に元の状態に戻るまでの時間のことをいいます。

埋没法は手術の跡が目立ちにくいというメリットがあり、気に入らない場合などには糸を取れば元に戻すことができます。

そのため手術のやり直しも可能です。

ただし、時間が経過したり目を強くこすったりして徐々に糸が緩んでしまうこともあります。

切開法とは?

切開法は、まぶたを切開して二重のラインを作る方法です。

切開法は、くっきりした二重を作ることができます。

また、半永久的な効果が期待できる一方で、元に戻すことはできません。

目の開き具合を調整したり、たるみを解消したりすることもできます。

皮膚を切開するので、腫れが引いて通常の状態になるまで時間がかかります。

埋没法と切開法の違い

二重のラインを作るのに皮膚を切るのが切開法で、切らないのが埋没法です。

そのためダウンタイムは埋没法の方が短くて済みます。

くっきりした二重を作れるのは切開法で、効果も半永久的です。

埋没法は手軽に手術が行えますが、二重のラインは切開法よりも不安定になります。

また、まぶたの脂肪が厚い場合には、埋没法が向かないこともあります。

切開法の場合、切開する際に脂肪を取り除くなど微調整を行うことが可能です。

それから手術費用は埋没法の方がリーズナブルで、切開法の方が高くなっています。

埋没法は縫い留めている糸を取れば元に戻せますが、切開法は皮膚を切開しているので元に戻すことはできません。

まとめ

二重をつくる手術において、皮膚を切るのが切開法で皮膚を切らないのが埋没法になります。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典