スポンサーリンク

「漫画」と「絵本」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「漫画」と「絵本」の違いとは?違い

この記事では、「漫画」【まんが】と「絵本」【えほん】の違いを、分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「漫画」とは?意味

大人も読んで楽しめる「漫画」【まんが】は、非現実な世界を面白く描いたものが多く、白黒で姿を描いています。

とくにギャグ漫画は面白くおかしく描くことで読み手の気持ちを掴み、独特な世界に引き込んでは楽しませる作品です。

ギャグ漫画は、笑いの要素を多く含み、人を笑わせる漫画家の個性的な創造の世界を一緒に絵と言葉で楽しませます。

この「漫画」は1ページにコマがいくつも描かれているのが基本であり、何巻も続いていくのも特徴的です。

人気が出れば何十巻と続き、様々なキャラクターが登場して場を盛り上げるのです。

エンターテイメント要素が前提であり、絵柄も多種多様で何度読んでも読み手をあきさせない物語の展開を考えています。

「絵本」とは?意味

絵の具や色鉛筆、クレヨンなどで色が付いているものを「絵本」【えほん】といいます。

絵本作家が自分で思い描いた世界観を子供目線でかわいらしく描いたり、わざとおかしく描き、読み手の心を掴んで離しません。

動物や風変わりな生き物が出てきては冒険に出かけたり、不思議な世界へと入り込んでいく姿を絵で見て、あたかも自分が主人公になったかのような気持ちになって読めるわけです。

文章は短く、漢字にはふりがながふってあるので、まだ漢字が読めない幼い子供であっても読めるようにしています。

「漫画」と「絵本」の違い

「漫画」「絵本」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも絵と文章によって読み手を独特な世界観に引き込んで楽しませるものですが、「漫画」は子供から大人も読めるよう凝った文章と絵を描いて楽しませます。

アクションも複雑であり、本格的な戦いの場面を描くことで大人の男性の気持ちを掴み、興奮させて惹き付けるほど質の高い立体感がある描き方で楽しませます。

もう一方の「絵本」は立体感がそれほどなく、平面に描かれていますが、さまざまな色を使って子供を喜ばせます。

1枚に1場面が大きく描かれていて、目で楽しませることを目的とした本になっているのです。

読み手の想像力を膨らませて能力を引き伸ばすことも考えているという違いがあります。

まとめ

どちらも文章力と展開が面白いと感じる本ですが、絵の描き方や色の使い方など、さまざまな部分に違いがありますので、自分なりに異なるところを見比べてみるといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典