スポンサーリンク

「不能」と「不可能」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「不能」と「不可能」の違いとは?違い

この記事では、「不能」「不可能」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不能」とは?

「ふのう」と読み、能力がないことを表します。

また、やろうとしてもできないことをいいます。

「不」は、名詞について、そのことを打ち消すという意味があります。

~でない、~が良くないなどの意味です。

そして、「能」は、あるものごとを成し遂げる力や能力のことを表します。

よって、「不能」は、能力が無いことや、成し遂げることができないことを指します。

「不能」の使い方

何かをすることができない時に、「復活は不能だろう」「判別不能」などと、使います。

能力が欠けている場合や人などに使うこともあり、「人には能不能がある」「あいつは不能だ」などといいます。

性的能力がない人に使うこともあります。

「不可能」とは?

「ふかのう」と読み、可能でないこと、できないことを表します。

「可能」とは、ありうること、できることという意味です。

それに打ち消しの「不」が付いているので、できないことという意味になります。

「不可能」の使い方

「侵入は不可能だ」「不可能なミッション」などと、使用します。

「不能」と「不可能」の違い

ほとんど同じ意味です。

どちらも、やろうとしてもできないという意味で使用します。

能力が欠けている人や場合を表すときには「不能」を使います。

「不能」「無能」と同じような意味もある言葉です。

「不能」の例文

・『人の能不能を言う前に、まず自分の能力を把握してください』
・『解読不能だった暗号を、名探偵は簡単に解いた』
・『再起不能なまでに負けてしまった』

「不可能」の例文

・『君の字は汚すぎる。これでは、解読は不可能だ』
・『勉強が進まないまま試験日が明日に迫り、合格は不可能になってしまった』
・『彼は、不可能だと思われていたことを可能にする』

まとめ

「不能」「不可能」は、ほとんど同じ意味で使います。

「不能」は、能力が欠けていることを表すときにも使用します。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典