スポンサーリンク

「培養土」と「腐葉土」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「培養土」と「腐葉土」の違いとは?専門用語・業界用語
スポンサーリンク

この記事では、「培養土」「腐葉土」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「培養土」とは?

「培養土」は、植物を成長させることに特化した土のことで、土事態に吸水性を持たせたり、保温性を持たせることはしていません。

あくまで、「培養土」は、植物が栄養を吸収しやすくして成長させることに特化した土です。

もっと簡単に言えば、栄養ドリング剤入りの土だから、成長することに特化するという考えが「培養土」です。

「腐葉土」とは?

「腐葉土」は、腐敗させた植物を混ぜ合わせた土のことで、土事態に保水性と保温性があります。

ただし、土事態には、それほど植物を成長させるだけの栄養はありません。

よって、寒さに弱い植物にお布団をかぶせるような印象の土が「腐葉土」だという認識でよいでしょう。

もしくは、水分が蒸発することでうまく水分を吸収できない植物が枯れないようにするものと考えてもよいでしょう。

「培養土」と「腐葉土」の違い

両者の違いは、植物を成長させることのみに特化した土か、寒さに弱い植物を守るための土かです。

「培養土」は、栄養ドリンク剤入りの土で、植物の成長を助けますが、寒さ対策とか、吸水性により水分を保湿するということはありません。

一方、「腐葉土」は、寒さ対策と吸水性の両方が対策できますが、土事態に栄養はいうほどありません。

「培養土」の例文

・『市販されている培養土を購入する』

「腐葉土」の例文

・『腐葉土を自ら作る』

まとめ

「培養土」については、栄養ドリング剤入りの土だと考えてもらえるとわかりやすく、栄養があるので、植物が成長しやすくなり、成長が早まるという土になります。

ですが、「培養土」は、植物自体が寒さに弱いとか、水分の吸収がうまくできないタイプの植物との相性が悪いので「腐葉土」と合わせて使用しないと成長しない植物もあります。

「腐葉土」は、植物の防寒対策用の土で保温と保湿の両立をする土なんですが、この土は栄養はあまりないので植物自体は成長においては、土から栄養を吸収できないので、両者を合わせて植物を育てるのです。

専門用語・業界用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典