スポンサーリンク

「人材派遣」と「業務委託」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「人材派遣」と「業務委託」の違いとは?ビジネス・就職・転職

この記事では、「人材派遣」「業務委託」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人材派遣」とは?

人材派遣は、じんざいはけんという読み方をすべき言葉です。

漢字で書かれたこの言葉を見れば理解可能な事でしょうが、才能ある人や役に立つ人といった意味の人材の漢字に、ある使命をもって赴かせるといった意味がある派遣の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ人材派遣は、派遣会社が雇用している労働者を他社に派遣して、派遣先の指揮命令下で労働に従事させる事を表すのです。

「人材派遣」の言葉の使い方

人材派遣は、派遣した人材を派遣先で労働に従事させる事に対して使われる言葉となっています。

派遣された労働者には、基本的に業務を行った時間に対して報酬が支払われており、この様な労働形態を、人材派遣という言葉を使って表現しているのです。

「業務委託」とは?

業務委託は、ぎょうむいたくという読み方をする言葉となっています。

文字で記されたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事となりますが、継続して行う仕事といった意味を持っている業務の文字に、ゆだねて任せるや頼んで人に代わりにやって貰うといった意味を有する、委託の文字を加える事で完成した言葉です。

以上の事から業務委託は、当事者である一方が、一定の仕事を相手方に依頼して、相手方の裁量と責任でその仕事を行って貰う事を示します。

「業務委託」の言葉の使い方

業務委託は、相手に一定量の仕事を依頼して、相手の裁量でその仕事を実施して貰う事を表す言葉として、用いられているのです。

基本的に、仕事を依頼した相手が仕事を完遂したり、成果物を納品した時に報酬が支払われる形態に対して、この業務委託という言葉が使用されています。

「人材派遣」と「業務委託」の違い

人材派遣と業務委託の文字表記を並べると、使用している漢字も読み方も、全然違う言葉同士であると直ぐに気付く事が可能です。

所が、どちらもビジネスで見聞きする言葉であるため、混同する恐れ自体は存在します。

ただし人材派遣は、文字通り人材を派遣して、その人材が送り込まれた会社の指揮命令下で労働を行う形態を表現した言葉です。

一方の業務委託は、一定量の仕事を相手に依頼して、その相手の責任と裁量で仕事を行って貰うという形態を示します。

まとめ

2つの言葉は、用いられている文字も読み方も違う上に、示す意味合いにも相違点を見出す事が可能です。

ちなみに人材派遣は、派遣会社が人材を他社に派遣し、そこで行った労働時間に対して報酬が支払われる仕組みとなっています。

対する業務委託は、ある一方が一定の仕事量を相手に依頼し、任された相手が自らの裁量や責任で仕事を行い、完遂したら報酬を受け取るという形態です。