スポンサーリンク

「ドレスシャツ」と「カジュアルシャツ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ドレスシャツ」と「カジュアルシャツ」の違いとは?違い

この記事では、「ドレスシャツ」「カジュアルシャツ」の意味や使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ドレスシャツ」とは?意味

冠婚葬祭に最適な礼装用のシャツを「ドレスシャツ」と呼びます。

全体的に細身のデザインで、清潔感が出せてとても落ち着いた感じがするデザインが選ばれるところです。

肩幅にフィットし、袖も細く、ボタンも主張せずに着れるので、スーツにも合わせられます。

着丈が長く、お尻をすっぽり包み込むように着れますので、パンツから裾が出てしまうこともありません。

ストライプ柄ならよりほっそりした細身の体形に見えますし、クールな印象に見せられます。

全体的に無駄がなく、細身のカットは多少太っている人でも細く見えるところが中年太り世代にも格好よく着られるシャツになるでしょう。

「カジュアルシャツ」とは?意味

全体的にゆったりしていて、遊び感覚を取り入れた軽快さを出せるのが「カジュアルシャツ」です。

パンツから出して着るためデザインされているシャツですので、丈が短めに作られています。

台襟は低めで、第一ボタンを留めずに開けて着ればとてもラフな印象に見せられるのが利点です。

ジャケットを着ることは考えていないため、ネクタイすると襟の生地にシワが寄ることがあります。

綿タイプであれば汗をしっかり吸い取りますし、シャンブレーは通気性がいいため暑い季節に最適です。

ブロードは品のいい光沢があるので、上質なスーツにも合わせやすいシャツとなるでしょう。

「ドレスシャツ」と「カジュアルシャツ」の違い

どちらもシャツを指すものですが、着丈の長さや襟の幅の違いが見られます。

上品な「ドレスシャツ」の裾は太ももくらいまであり、かなり長い丈になっているため、ズボンに入れてもずれにくいのがいいところです。

全体的に紳士的な雰囲気を出せるため、白や黒のネクタイが合わせやすいので礼服になりますし、ネクタイも合わせやすいシャツとして着られます。

首の部分には台襟が付いているので、首に結んだときにシワが寄ってしまうこともありません。

もう一方の「カジュアルシャツ」の襟は小さめに作られていて、裾は短めに作られています。

全体的にゆったりしているところが太めのデニムパンツやジーンズにも合わせやすく、普段着として気軽に着れるわけです。

まとめ

自分の個性が出せるボタンや色、素材から選ぶか、真面目で清楚な印象を出すか、そのときの用途に合わせて選んでみたり、自分の好みや用途に合わせて選んでみるといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典