スポンサーリンク

「タッチタイピング」と「ブラインドタッチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「タッチタイピング」と「ブラインドタッチ」の違いとは?違い

この記事では、「タッチタイピング」「ブラインドタッチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「タッチタイピング」とは?

「タッチタイピング」は、現在主流のパソコンのキーボードを見ないで打ち込むことを意味する言葉です。

というのも、前のパソコンのキーボードを見ないで文字を正確に打ち込む言い方が若干問題がある言い方をしていまして、これでは差別のような表現であるという声が上がりまして、言い方を変える必要が生まれ、今では、「タッチタイピング」と呼んだ方が良いのではないかとなり、こちらの呼び方が使用されています。

「ブラインドタッチ」とは?

「ブラインドタッチ」は、パソコンのキーボードを水に打ち込むことを意味し、目隠し状態で打ち込むというニュアンスで使われた言葉でした。

しかし、ブラインドという言葉には、盲目であるという意味があり、この言葉は目隠しであるという言葉に比べると差別的ではないかという流れになり、呼び方を変える必要性が生まれたのがこの「ブラインドタッチ」です。

「タッチタイピング」と「ブラインドタッチ」の違い

両者の違いは、意味においては同じ意味です。

ですが、真っ先に使用されたのが、「ブラインドタッチ」で差別的な言い方であるということで新しい言い名になったのが「タッチタイピング」になります。

「タッチタイピング」の例文・『タッチタイピングでも文字を正確に打ち込む』

「ブラインドタッチ」の例文・『部長からブラインドタッチができるのかと言われた』

まとめ

「タッチタイピング」という呼び方が今現在のパソコンのキーボードを見ずに画面を凝視して文字を打ち込むという方法を意味します。

前の呼び方の「ブラインドタッチ」という呼び方は、昔に流行した、パソコンのキーボードを見ずに打ち込むことを意味していたのですが、あまりにも差別的であるということから、言い方を変える必要が生まれまして、「タッチタイピング」という呼び方が現在の主流となりました。

ですが、「ブラインドタッチ」は、目隠し状態で打つという意味であれば、使用できる意味になるので、未だ「ブラインドタッチ」という言葉を聞いても何ら問題はないということです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典