スポンサーリンク

「品番」と「伴奏」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「品番」と「伴奏」の違いとは?生活・教育
スポンサーリンク

この記事では、「品番」「伴奏」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「品番」とは?

「品番」は、音楽関係のCDやDVDであればその音楽を管理している会社はどこの会社であるかを記した番号のことです。

この番号を入力すると、この商品は何用の音楽CDやCVDであるか、果ては会社はどこの会社が販売しているかまでが分かります。

要はシリアルコードだと理解してもらえるとわかりやすいです。

「伴奏」とは?

「伴奏」は、演劇とかドラマとか映画なんかの裏で流れるBGMで一応、「品番」が存在している音楽と著作権が一切なく、商業利用が自由な物があります。

なので、「伴奏」は、「品番」があれば、その音楽は公共の電波なんかでは自由に使用して後悔することは許されず、フリーのBGMのみが許されます。

「品番」と「伴奏」の違い

「品番」「伴奏」の違いは、音楽であるという点において、「品番」は、音楽の管理を目的としたシリアルコードである点で、シリアルコードで管理されているがゆえ商業目的なんかで自由に使用することは許されず、許可を得てから使用する必要がありますが、「伴奏」の場合、許可が必要ないことがあります。

なぜなら、「伴奏」は、著作権を放棄した音楽、そもそもオリジナルのBGMなので自作BGMだから商業で利用する場合、自分で作ったものを公開しているわけですから航海者の自由にできるという点が異なります。

よって、両者の違いは、著作権で強く保護されているか、そうでもないかという違いでよいでしょう。

「品番」の例文

・『CDの品番コードを検索エンジンに入れる』

「伴奏」の例文

・『伴奏の音がものすごく小さい』

まとめ

「品番」については、シリアルのことで、シリアルを入れるとその商品がなんであるかわかるというもので、これは著作権で保護された商品であると公言しています。

逆に、「伴奏」はあくまでテレビドラマ内で流れるBGMなどで、著作権がある物とそうではないものがあり、著作権の保護というものは薄いケースがあり、ドラマで使用したBGMを営利目的でも自由に使ってよいという太っ腹な音源もあります。

生活・教育
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典