スポンサーリンク

「慫慂」と「推奨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「慫慂」と「推奨」の違い専門用語・業界用語

この記事では、「慫慂」「推奨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「慫慂」とは?

「慫慂」「しょうよう」と読みます。

これは「そうするように誘うこと」「しきりに勧めること」の意味で使用される言葉です。

普段使用することはありませんが、読み方や意味を覚えておくとよいでしょう。

「慫慂」の使い方

たとえば、あなたの友人が転職で成功したとします。

そして、あなたにも転職するように誘ってくるのでした。

このような場合に「唐突に転職を慫慂するのでした」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手にがしきりに誘ってくる様子を、上手に言い換えて表現できるのです。

「推奨」とは?

「推奨」は、「推薦して他人にすすめること」を意味する言葉です。

「奨」は奨励や報奨などの言葉でも使用される漢字で、「はげます」「すすめる」などの意味があります。

これに「推す」と読み、同じく「すすめる」意味をもつ言葉と組み合わせて「推奨」としているのです。

「推奨」の使い方

たとえば、顧客からおすすめの商品を質問されたとします。

このような場合に「こちらの商品が、当社の推奨です」と述べるとよいでしょう。

これにより、推薦してすすめることを、上手に相手に伝達できるのです。

「慫慂」と「推奨」の違い

「慫慂」「推奨」は、どちらも他人に何かをすすめることを意味する言葉です。

しかし「慫慂」はしきりに勧誘する様子を示し、「推奨」は相手に推薦する様子を示す言葉なのです。

「慫慂」の例文

ここでは「慫慂」を使用した例文を挙げます。

・『急に転職を慫慂するのでした』
・『唐突に引っ越しを慫慂されました』
・『入会を慫慂する理由があるのでしょう』
・『しきりに旅行を慫慂するのでした』

「推奨」の例文

ここでは「推奨」を使用した例文を挙げます。

・『当社が推奨する商品です』
・『規定範囲内での理由を推奨します』
・『本当に推奨だきる品物だけを集めました』
・『この品質では、推奨したくても難しいでしょう』

まとめ

このように「慫慂」「推奨」は、どちらも他人に何かをすすめることを意味する言葉です。

しかし、「慫慂」「推奨」は違う意味を持つ言葉でもあるのです。