スポンサーリンク

「漫画喫茶」と「ネットカフェ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「漫画喫茶」と「ネットカフェ」の違いビジネス・就職・転職

この記事では、「漫画喫茶」「ネットカフェ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「漫画喫茶」とは?

「漫画喫茶」は、飲食物を注文することで特定の時間漫画を読むことが許されるという喫茶店のことです。

もしくは、入場料を払うと特定時間漫画を読むことが許されるというシステムのお店もあります。

喫茶店に漫画をそろえることで集客をして入場料を取ることで長時間の滞在が許されるというようなシステムが「漫画喫茶」です。

「ネットカフェ」とは?

「ネットカフェ」は、インターネット通信が可能な端末を入場料を払うか、飲食物を注文することで利用可能になるカフェのことです。

ちなみに、喫茶店方式だったり、オープンカフェのような方式だったりと様々な方式で、ネット通信する端末自体が存在せず、無線のWi-Fiスポットになっているお店もあります。

「漫画喫茶」と「ネットカフェ」の違い

両者の違いは、提供する媒体が異なります。

「漫画喫茶」は、神の媒体で漫画を提供し、「ネットカフェ」は、電子通信網を提供するのでネットに接続する端末を提供することもあれば、ネットに接続する回線だけを貸す場合もあります。

なお「ネットカフェ」は、人目を気にする必要が無い仕切りがあるので、料金を支払い長時間滞在してホテルのように使用する人物もいるのですが、「漫画喫茶』は、仕切りがないので人の目が気になるという違いもあります。

まとめ

「漫画喫茶」については、入場料や喫茶店で飲食物を注文すれば一定時間お店にある漫画を読むために長時間滞在をしてもよいというものです。

一方、「ネットカフェ」は、提供する媒体がネット通信網か、ネット通信にアクセス可能な媒体でパソコンだったりします。

それらを入場料を支払うことで利用できるというのが「ネットカフェ」になるんですが「ネットカフェ」は、入場料さえ払えば長時間滞在できることから、ホテルのように使用されることもあります。

だから「ネットカフェ」難民という言葉があっても、「漫画喫茶難民」がないのは、仕切りという存在が大きいわけです。