スポンサーリンク

「インストラクター」と「トレーナー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「インストラクター」と「トレーナー」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク

この記事では、「インストラクター」「トレーナー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「インストラクター」とは?

「インストラクター」とは、主にスポーツの分野において、専門的な知識、技術向上を目的とした指導をする人を指します。

ほとんどの「インストラクター」は、自分が専門としている競技について専門的な指導をするので、多種の競技を同時に担当する事はありません。

野球であれば野球専門の「インストラクター」が指導し、サッカーなどの別の競技者に対しては指導しません。

技術向上はもちろんですが、安全管理や健康管理など多方面にわたり指導します。

「トレーナー」とは?

「トレーナー」とは、運動する人に対して、能力の向上を目的としたトレーニングやダイエットなど、適切なトレーニング方法をサポートし指導する人を指します。

「トレーナー」は、基本的に運動する人全般を指導するので、プロアマ、老若男女問わず幅広い人を指導します。

また、ケガや病気などの回復を目的としたリハビリなどを指導、管理する人も「トレーナー」と呼ばれる事もあります。

「インストラクター」と「トレーナー」の違い

「インストラクター」「トレーナー」は、ともに運動する人に関わっている職業ですが、両者には違いがあります。

まず「インストラクター」は特定の競技において、その競技の専門知識や、技術向上を目的とした指導を行います。

また、健康管理、食事管理など競技に影響する部分について総合的に指導、管理します。

対して「トレーナー」は、運動する人全般を指導する職業で、トレーニングやダイエットなど身体機能の向上、体つくりを目的とした運動の指導、管理を行います。

まとめ

「インストラクター」「トレーナー」はどちらも似たような職業です。

しかし、その職務にはしっかりとした違いがあり、対象者の目的に応じてどちらが適しているか決定する必要があると言えるでしょう。

ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典