スポンサーリンク

「確定申告」と「年末調整」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「確定申告」と「年末調整」の違いビジネス・就職・転職

所得税をしっかり計算して収めるためには「確定申告」「年末調整」をすることが重要です。

この記事では、「確定申告」「年末調整」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「確定申告」とは?

「確定申告」とは主に個人事業主が自分で所得税を計算して書類を提出し、自主的に税金を納める制度です。

「確定申告」は所得税と納税額を計算する他にも、様々な控除や還付金を受けることが可能であり節税対策としても有名です。

「確定申告」は基本的に個人事業主がするものですが、条件を満たせば会社員でも各種の控除や還付金を受けることが可能になります。

「確定申告」は様々な項目があることから専門のソフトを使ったり税理士に依頼する人も多く存在します。

「年末調整」とは?

「年末調整」とは会社や企業が社員の税金を計算する制度です。

会社員の税金は基本的に給料から天引きされる仕組みになっており、年末にまとめて細かい調整します。

この「年末調整」によって税金を多く支払っていた場合にはその分が還付されますが、税金が少ない場合は差分が徴収されます。

「年末調整」は基本的に12月にする仕組みになっていますが、例外として年の途中でするケースも存在するので注意しましょう。

各種の控除を適用したい場合には「年末調整」の前に書類を提出する必要がありますが、これに適応しない分の控除は自分で「確定申告」をすることが可能です。

「確定申告」と「年末調整」の違い

「確定申告」は主に個人事業主が納税のためにする行為であり、税金額を計算して書類を提出して自主的に納税する一連の手続きを示す言葉です。

「年末調整」とは会社の制度によって税金の計算を年末にする制度であり、これによって会社員は手間を掛けずに納税することが可能になります。

最近では会社員でも副業する人が増えてきており、一定の金額を超えると自主的に「確定申告」をすることが必要になります。

「確定申告」の例文

・『フリーランスになって始めての確定申告だったが、凄く大変で疲れました』
・『会社員で副業をやっていますが、しっかり稼いだ分を確定申告しておきました』

「年末調整」の例文

・『会社の年末調整によって今年は還付金が出ることが分かり少し嬉しくなった』
・『年末調整用に提出する書類が見当たらないことから、昨日は1日家の中を探し回りました』

まとめ

納税は国民の義務となっており、これは個人事業主と会社員では手続きが異なるのが特徴です。

個人事業主は「確定申告」によって自主的に納税額を計算して書類を提出する必要があり、手間が掛かるものとして有名です。

「確定申告」は専門のソフトを使ったり税理士にお任せする人も多く存在します。

会社員の納税は基本的に給料から自動的に天引きされる仕組みになっており、12月にまとめて「年末調整」をして細かい調整します。

最近では会社員でも副業や節税対策として個人的に「確定申告」をする人も増えてきました。