スポンサーリンク

「頻回」と「頻繁」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
「頻回」と「頻繁」の違い生活・教育

この記事では、「頻回」「頻繁」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いを把握したうえで、日常や勉強などの様々シーンでお役立てください。

スポンサーリンク

「頻回」と「頻繁」の違い

最初に「頻回」「頻繁」の違いについてご説明致します。

「頻回」「頻繁」の違いについてですが、前者は医療用語として使われている事が多いようです。

基本的に回数が多いことを指しており、医療従事者が多く使う傾向にあります。

後者の方は、常時絶え間なく行われる時ということを表現する場合に使うことが多いようです。

日常会話でも取り入れやすいかと思いますので、是非取り入れてみてください。

以上がこの2つの違いとなりますので、参考になれば幸いです。

「頻回」と「頻繁」の使い方の違い

この項目では「頻回」「頻繁」の使い方の違いについて解説します。

この2つの違いについては、明確な違いがあります。

よって非常に分かりやすいかと思いますので、是非ご覧ください。

前者は医療の現場・医療従事者が使う事が多いようです。

したがって、「●●さんは腹痛が頻回おきて困っていると仰っていて~」という使い方をするかと思います。

後者の方は、世間一般的に多く使われておりますので、非常に使いやすいかと思います。

例えば「あの人、頻繁にお店に来るんだよね~」等という表現で使えるのです。

この2つの言葉は、このような使い方の違いがあります。

参考にしてみてください。

「頻回」の意味

次は「頻回」の意味をご説明します。

「頻回」の意味は、非常に回数が多いことや、多くの回数によって困っている時に使うという意味があります。

基本的に一般的にはあまり浸透していない言葉かと思います。

医療の現場や医療従事者が使うことが多いようです。

「頻回」の使い方

ここでは「頻回」の使い方をご説明致します。

「頻回」の使い方としては医療の現場や医療従事者が使うという事を念頭に置いておくと分かりやすいのです。

したがって、患者さんの容態と伝える時に「●●さんは胸の痛みが頻回に起きてしまい夜も寝られないと言っていたから~」等という使い方をすることがあります。

参考にしていただければ幸いです。

「頻回」を使った例文

次は「頻回」を使った例文を書いていきます。

・『頭痛が頻回起きているらしいので頭痛薬を処方した』
・『腹痛が頻回起きていてトイレから離れられない』
・『頻回に渡る嘔吐によって衰弱しているようだ』
・『担当看護師が頻回に渡って病室へ来る』
・『頻回に渡る手術の末、やっと退院できた』
以上が「頻回」を使った例文となります。

参考になれば幸いです。

「頻回」の類語

この項目では簡単ではありますが、「頻回」の類語を解説します。

「頻回」の類語は、「有りがち」「高頻度」「有内」等が類語となります。

これらの類語も基本的に、回数が多い事を指しているものになりますので、参考にしてみてください。

「頻回」の対義語

次は「頻回」の対義語を解説していきます。

「頻回」の対義語は、基本的に医療現場・医療従事者が使う言葉となりますので、辞書的には見当たりません。

しかし、「頻回」イコール回数が多い事という事になります。

したがって、対義語に当たるのは「散発」(さんぱつ)に当たるかと思います。

意味として「回数は少ないが生じる事」になりますので、参考にしてみてください。

「頻繁」の意味

ここでは「頻繁」の意味を解説致します。

「頻繁」の意味は、しきりに絶え間なく行われることとそのさまを意味しております。

基本的にこの言葉は日常の様々シーンで取り入れやすいかと思いますので、参考にしてみてください。

「頻繁」の使い方

次は「頻繁」の使い方を説明します。

「頻繁」の使い方としては、常時絶え間なく行われている事、起きる事がある場合に使われます。

また、そのさまは誰がみても分かる時に使うことが多くあるようです。

したがって、「頻繁にメールが来る~」という表現を使うのが一般的です。

参考にしてください。

「頻繁」を使った例文

この項目では「頻繁」を使った例文を書いていきます。

・『頻繁に電話が来るので商談することにした』
・『彼からの頻繁なアタックに根負けしてデートすることにした』
・『トラックが頻繁に通る道だ』
・『頻繁な訪問によって契約を勝ち取った』
・『頻繁に奢ってくれたので、次は自分が奢ろうと思う』
以上が「頻繁」を使った例文となりますので、是非参考にして様々なシーンで役立ててください。

「頻繁」の類語

この項目では「頻繁」の類語を解説します。

「頻繁」の類語に当たるのは、「陸族」「引っきり無し」「しきりに」等が類語になります。

基本的に、物事が途切れないで続く(続いていく)さまを指している言葉が類語となりますので、参考にしてみてください。

「頻繁」の対義語

次は「頻繁」の対義語を解説致します。

「頻繁」の対義語としては、「滅多」(めった)「稀有」(けう)等が対義語にあたります。

これらは、生じることが稀であったり、滅多にない場合を表している言葉になりますので、「頻繁」の対義語にあたるわけです。

参考になれば幸いです。

「まとめ」

まとめに入りたいと思います。

「頻回」とは医療現場や医療従事者の専門用語みたいなものであり、一般的には使うことは稀です。

使い方についても、「●●さんは頭痛が頻回に発生しているようで~」等という使い方になります。

そして、「頻繁」とは、しきりに絶え間なく行われることやそのさまを指しております。

一般的な様々シーンで取り入れることが可能ですし、使いやすい言葉と言えると思います。

使い方として、「頻繁に電話とメールを貰ったので、商談してみたんだ~」という使い方ができます。

これらを参考にして日常に役立ててみてください。