スポンサーリンク

「予定」と「用事」と「用件」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「予定」と「用事」と「用件」の違い生活・教育

みなさんは「予定」「用事」「用件」という言葉がどのような意味を持っているかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「予定」「用事」「用件」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「予定」とは?

「予定」「よてい」という読み方をします。

この「予定」とは「行事・行動などについて前以て決めること」、あるいは「その決めたこと」を指している言葉なのです。

「予定」の例文

ここで「予定」の例文を見ていくことにいたしましょう。

具体的には以下のようなものがあります。

・『この土地はすでに売却を予定しているために他のも目的で転用することはできない』
・『ウチの課長はこまめに予定表で行動管理をしているので、全員の部下の行動を把握している』

「用事」とは?

「用事」「ようじ」という読み方になります。

この「用事」とは「しなくてはならない事柄」、もしくは「なすべき仕事」ということを意味している言葉です。

「用事」の例文

次に「用事」の例文を2つほど挙げてみます。

具体的な使い方は以下のようなものになります。

・『彼は急な用事を思い出したようで、そそくさとその場を立ち去ってしまった』
・『台風が近づいているために用事のない人はできるだけ早く退社するようにと全社員に指示が出た』

「用件」とは

「用件」「ようけん」という読み方となります。

この「用件」「なすべき仕事や伝えるべき事柄の内容のこと」を指しています。

「用件」の例文

「用件」の例文を見て行きましょう。

以下のような文が挙げられます。

・『彼の用件を伝え方が下手なために全く内容を理解することができないの』
・『彼は肝心の用件を伝え忘れてしまったために、慌てて取引先の課長さんのところに戻っていった』

「予定」と「用事」と「用件」の違い

ここで「予定」「用事」「用件」の違いを見て行きましょう。

どのような相違点があるのでしょうか?「用事」「用件」の違いを見ると、「用件」は相手に敬意を示す時に使うことが一般的。

一方の「用事」は自分について相手に説明する時に使っています。

この点が2つの言葉の相違点と言えるでしょう。

「予定」「用事」の違いを見ると、「予定」とは「将来の行動を事前に決めておくこと」という解釈のために「未来における行動計画」という解釈ができます。

このことから「用事」「予定」の違いを考えると時間的な概念があるかどうかが違ってきます。

「用事」「やらなければいけない事柄」を指す言葉で「行動内容・種類」を意味しており、「予定」「未来の行動計画」のために現在よりも後の時間を指す言葉となるわけです。

まとめ

ここまで「予定」「用事」「用件」の意味と違いを説明してきました。

これらの言葉は日常生活の中だけでなく、ビジネスシーンでもよく出て来る言葉なので、ここでしっかりと意味を確認して正しく使えるようにしておきましょう。

日頃の行動管理の中で重要な言葉になってきます。