スポンサーリンク

「重点」と「重要」と「要点」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「重点」と「重要」と「要点」の違い生活・教育

この記事では、物事の大切な所である「重点」と価値・必要性などが大きいことの「重要」と物事の大切な箇所である「要点」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「重点」とは?

物事の大切な所という意味があり、その物事を発生させた側が決めることが可能で、内閣府重点施策では地方創生や成長戦略など6つの施策を重点的に推進しています。

神奈川県が行っているロボットの重点プロジェクトでは、実用性を持ちつつ特徴的なものを取り上げ重点的に開発を支援しています。

作品などの重点は受け取る側がどう判断するかは別と言えます。

一つの項目であまりたくさん重点は設けることが出来ず、10の項目であれば5あたりが限度と言えるでしょう。

内閣府重点施策は非常に多数存在する中で6つ選ばれています。

重点的という言葉は大切だと認める所に集中することを指し、自動車メーカーであれば経営資源を電気自動車に重点的に向けるなどがわかりやすい例といえ、重点という言葉と極端な違いはないとも言えるでしょう。

「重要」とは?

価値・必要性などが大きいこと、大切なことを指します。

書類の中で特に重要なものであれば重要書類、機械部品の中で特に動作に左右するものであれば重要部品などという使い方をします。

インターネット上のプレスリリースなどでの重要なお知らせはリコールが関わるなど、より緊急度大切さの大きいお知らせとなります。

重要は非常に重要という強調して使うことができ、最も重要度が高いものであれば最重要という表現をします。

厳密ではありませんが超重要という言葉もあります。

最重要よりは低いものの重要度はかなり高いという立ち位置と言えます。

「要点」とは

物事の大切な箇所で、学校の授業において教科書の要点をまとめるなどの使い方が見られます。

どちらかと言うと文章に使われる言葉で、法律の要点という表現もあります。

要点をまとめるという言い方もあり、教科書の一日の進行に対していくつかまとめられるなど、一つしかないということはなく、あまりに多いとわかりにくくなるので実際には少なめにまとめますが要点の個数に制限はありません。

重要という言葉と比べると役割が小さめで重要書類の要点という使い方はできますが、要点という言葉に重要書類ほどの重要さをもたせて使うのは難しいでしょう。

「重点」と「重要」と「要点」の違い

重点と要点は物事の大切な所という意味がありますが、重点は物事を行う側が決めることが出来るのに対し、要点は教科書などで教えたところで大事なところをまとめると言ったニュアンスで、教科書を書いた側が決めることではありません。

言葉としての重さ、使用頻度の多さは重点の方が大きくなっています。

重要は大切なところ、価値必要の大きいところという意味でスマートフォンにとってバッテリーは重要などある程度決定的なものがあります。

重要書類など、大切さを強調する意味合いでも使われます。

まとめ

重点と要点は比較的意味が近いですが、重点は重点的に開発するなどの言葉でより自分の意志が関わっているため重みがより強くなっています、重要は価値・必要性などが大きいことを指し、最重要という言葉で順序をつけることも可能です。