「賞品」と「景品」と「賞金」の違いとは?分かりやすく解釈

「賞品」と「景品」と「賞金」の違いとは?生活・教育

この記事では、「賞品」「景品」「賞金」の違いを分かりやすく説明していきます。

「賞品」とは?

イベントなどで優秀な成績を収めたりした人に贈られる品物のことです。

例えば、スポーツ大会やコンクールなどで、成績の良かった人やチームなどを称えるような意味あいで品物を送ったりします。

また、優秀な成績を収めることができなかった人にも与えられる賞品もあります。

例えば「参加賞」だとその大会やコンクールに出場した人にはみんな送られる賞です。

また「ブービー賞」ではあえて順位が最後になってしまった人に送ったりもします。

これらは、大会やコンクールなどを盛り上げるための賞でもあります。

「賞品」の言葉の使い方

「ビンゴ大会で優勝したので、賞品としてテーマパークのチケットをもらいました」
「ビンゴ大会で最下位だったので、ブービー賞としてぬいぐるみをもらいました」

「景品」とは?

商品を購入する時に、おまけとしてついてくる物のことです。

景品は、メインのものにくっついてくるものなので、単独で購入することができない場合も多いです。

景品の中には、メインのものに関係なくキャラクターのストラップやアイドルのステッカーなどが付く場合もあり、景品を目当てに商品を購入する人もいます。

コンビニなどにも景品がついている商品がよくあります。

また、景品は販売期間や数量が限定されていることも多くキャラクターものなどは貴重なものと考える人も多いです。

よって転売の対象になることもあります。

「景品」の言葉の使い方

「CDを買ったら、景品としてリストバンドをもらいました」

「賞金」とは

なにかの賞として与えたり、または受け取ったりする金銭のことです。

何かというのは、優秀な成績を収めたりなど努力が伴うもので、その結果を金銭を送り祝うというものが多いです。

しかし、それだけではなく懸賞であたった場合やくじ引きなどの場合にも使うことができるため、運がよくあたった場合など、広い範囲で「賞金」という言葉を使うことができます。

「賞金」の言葉の使い方

「ゴルフ大会で優勝したので賞金がもらえました」

「賞品」と「景品」と「賞金」の違い

これらの言葉は、何かをしたときにもらえる、または渡す物やお金の事を指していますが、少しずつ意味が違います。

まず「賞品」は何かの大会などに参加してもらえる物で、「賞品」自体がメインです。

「景品」ではメインの商品がありそれに付随してくるおまけが「景品」になります。

また「賞金」は何かをしたときにもらえる金銭ですが、この時の何かには広い意味が含まれます。

まとめ

これらの3つの言葉はすべて、送ったりもらったりするときに使用するものですが、意味を見てみるとそれぞれが違うものだと分かります。

もらうシーンやもらう物、金銭の違いで変わってきますので、注意したいです。

内容的にも重複していませんので、しっかり使いわけたいです。