「簡単」と「手軽」と「手頃」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

「簡単」と「手軽」と「手頃」の違いとは?生活・教育

この記事では、「簡単」「手軽」「手頃」の違いを分かりやすく説明していきます。

「簡単」とは?

「簡単」「かんたん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとがおおまかで単純なこと」という意味で、概略のみであまり細かくなく、分かり易い様子を言います。

2つ目は「手間や時間がかからないこと」という意味で、複雑ではなくすぐに出来る様子を言います。

上記に共通するのは「単純である」という意味です。

「簡単」の使い方

「簡単」は名詞・形容動詞として「簡単だ・である」と使われたり、形容詞として「簡単な」と使われたり、副詞として「簡単に」と使われたりします。

基本的に、仕組みが単純で、理解したり行動するのに手間や時間が掛からないことに使われる言葉です。

「簡単」の例文

・『夕べは残業だったので、夕飯は簡単にカップラーメンで済ませた』

「手軽」とは?

「手軽」「てがる」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「面倒な手間がかからずたやすく出来る様子」という意味で、手数がかからない様子を言います。

2つ目は「動作が素早い様子」という意味で、すぐにさっとできる様子を言います。

上記に共通するのは「手数がかからない」という意味です。

「手軽」の使い方

「手軽」は名詞・形容動詞として「手軽だ・である」と使われたり、形容詞として「手軽な」と使われたり、副詞として「手軽に」と使われたりします。

基本的に、何か行動する時に、手間がかからずすぐにできることに使われる言葉です。

「手軽」の例文

・『このアイロンはコードレスで手軽に使えて便利だ』

「手頃」とは?

「手頃」「てごろ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「大きさや重さなどが、手に持つのに程よい様子」という意味で、手で持って取り扱うのに便利な様子を言います。

2つ目は「自分の能力や条件などにふさわしい様子」という意味で、自分にとって丁度良い様子を言います。

上記に共通するのは「丁度良い」という意味です。

「手頃」の使い方

「手頃」は名詞・形容動詞として「手頃だ・である」と使われたり、形容詞として「手頃な」と使われたり、副詞として「手頃に」と使われたりします。

基本的に、大きさや重さ、能力や条件などが自分にとって丁度良いことに使われる言葉です。

「手頃」の例文

・『良い商品がお手頃価格で手に入った』

「簡単」と「手軽」と「手頃」の違い

「簡単」「仕組みが単純で、理解したり行動するのに手間や時間が掛からないこと」という意味です。

「手軽」「何か行動する時に、手間がかからずすぐにできること」という意味です。

「手頃」「大きさや重さ、能力や条件などが自分にとって丁度良いこと」という意味です。

まとめ

今回は「簡単」「手軽」「手頃」について紹介しました。

「簡単」「単純」「手軽」「手間いらず」「手頃」「丁度良い」と覚えておきましょう。