「wash」と「laundry」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「wash」と「laundry」の違い英語

この記事では、“wash”“laundry”の違いを分かりやすく説明していきます。

「wash」とは?

“wash”の意味は以下の通りです。

1つ目は「洗うこと」「洗濯」という意味で、汚れを落とす為に洗うことを言います。

2つ目は「洗濯もの」「洗濯場」という意味で、洗濯に関わる物や場所のことを言います。

3つ目は「洗剤」という意味で、物を洗うのに使用するもののことを言います。

4つ目は「波が打ち寄せること」という意味で、波が海岸や岸壁にぶつかることを言います。

5つ目は「薄くかぶせる」という意味で、絵の具などを上塗りすることを言います。

上記に共通するのは「水や液体をかぶせる」という意味です。

「wash」の使い方

“wash”「洗うこと」「洗濯」「洗濯もの」「洗剤」「波が打ち寄せること」「薄くかぶせる」などの意味で使われます。

名詞として使われたり、自動詞・他動詞として「~を洗う」「~を洗濯する」「~を洗い落とす」「波が打ち寄せる」などの意味で使われ、「ウォッシャブル素材」など日本語にもなっています。

基本的に、汚れを落とす為に水で洗う行為を表し、転じて波が打ち寄せることなど水をかぶる様子に使われています。

「laundry」とは?

“laundry”の意味は以下の通りです。

1つ目は「洗濯物」という意味で、汚れていてこれから洗うもののことを言います。

2つ目は「洗濯場」という意味で、住居の中で洗濯する場所のことを言います。

3つ目は「洗濯屋」という意味で、クリーニング屋のことを言います。

上記に共通するのは「洗濯する」という意味です。

「laundry」の使い方

“laundry”「洗濯物」「洗濯場」「洗濯屋」という意味で使われます。

動詞として使われ、「ランドリー」と日本語にもなっています。

基本的に、衣服などを洗濯することや、洗濯する専門店に使われる言葉です。

因みに、「クリーニング屋」は和製英語で、海外では「laundry」が使われます」 3. 「wash」「laundry」の違い 「wash」「汚れを落とす為に水で洗うこと」という意味です。

「laundry」「洗濯すること、転じてクリーニング店のこと」という意味です。

「wash」の例文

・『Let’s wash the hands. 』(手を洗おう)
・『This shirt needs a wash. 』(このシャツは洗濯が必要だ)
・『There are a lot of washing. 』(洗濯物がどっさりある)

「laundry」の例文

・『I put them into a laundry. 』(それらをクリーニングに出した)
・『Please do the laundry. 』(洗濯して下さい)
・『May I do your laundry?』(あなたの分も洗濯しましょうか?)

まとめ

今回は“wash”“laundry”について紹介しました。

“wash”「水で洗う」“laundry”「洗濯する」と覚えておきましょう。