スポンサーリンク

「返答」と「答える」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「返答」と「答える」の違いとは?分かりやすく解釈違い
スポンサーリンク

この記事では、「返答」【へんとう】と「答える」【こたえる】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「返答」とは?

人の問いかけに対して答えて返すことを「返答」【へんとう】といいます。

「操作の仕方が分からない」と聞いてきたとき、「このように使う」と解決策を返す状況で使われている言葉です。

また、「こっちを向いてください」と話しかけられたとき、「何ですか」とその呼びかけに快く対応するといった行動や行為で示すのも「返答」の一部になります。

「答える」とは?

質問されたとき、その内容に相応しい返しすることを「答える」【こたえる】といいます。

例としては、数学の問題が出題されたとき、計算してその答えを出すわけです。

他には、場所が分からない客が「化粧室はどこですか」と聞いてきたときは、分かりやすく、ある場所を正しく教えます。

このように、相手が求める答えを出す場面で使うわけです。

「返答」と「答える」の違い

ここでは「返答」「答える」の違いを、分かりやすく解説します。

問いかけられたとき、その質問に対して自分なりに答え方を考えて伝えることを「返答」といいます。

相手が求める答えによく耳を傾けて、相手が納得するように答えるため考えて伝えます。

もう一方の「答える」は問題を解くため、正しい正解を伝える行為を「答える」といいます。

例えば、受付の人は客に商品や店の場所を聞かれれば正確に「答えて」伝えるのです。

「返答」の例文

・『客に質問されたので、詳しく性能についてメールで返答した』
・『間違いなく返答するため、上司に使い方を聞いて返答した』

「答える」の例文

・『北海道を開拓した男性の名前を正確に答えた』
・『質問された内容に正しく答えるため、頭の中で考えた』

まとめ

どちらも相手に聞かれたときの応答の仕方を指しますが、使い方に違いがありますので、自分なりに状況に応じた使い分けをしてみましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典