スポンサーリンク

「片栗粉」と「でんぷん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「片栗粉」と「でんぷん」の違いとは?分かりやすく解釈違い
スポンサーリンク

この記事では、「片栗粉」「でんぷん」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「片栗粉」とは?

「片栗粉(かたくりこ)」とは、植物の「カタクリ」の地下茎から作られる「でんぷん」の粉のことを表しています。

「カタクリ」はユリ科カタクリ属に分類されている多年草です。

日本が原産で、日本の北海道から九州、朝鮮半島、中国などに分布しています。

開花時期は4月から6月頃で、紅紫色やピンク色の花が咲きます。

「カタクリ」は鱗茎(りんけい)が生薬として利用されています。

現在では、「片栗粉」「カタクリ」「でんぷん」ではなく、そのほとんどが「ジャガイモ」「でんぷん」で作られています。

そのため、「馬鈴薯粉」「馬鈴薯でんぷん」などと表示されているものが多く出回っています。

「でんぷん」とは?

「でんぷん」とは、さまざまな植物の光合成物質で、天然の炭水化物のことを言います。

「でんぷん」はブドウ糖が多く集まってできています。

糖は三大栄養素の一つで、たんぱく質、脂質、糖質が三大栄養素になります。

「でんぷん」は特に「ジャガイモ」「サツマイモ」「サトイモ」などのイモ類に多く含まれています。

「片栗粉」と「でんぷん」の違い

「片栗粉」「でんぷん」の違いを、分かりやすく解説します。

「片栗粉」「カタクリ」の地下茎の「でんぷん」の粉のことを差しますが、「でんぷん」は、さまざまな植物から作られた天然の炭水化物を意味しているので、この点に違いが見られます。

まとめ

「片栗粉」の英語表記は「dogtooth violet starch」になります。

しかし、現在では多くが「ジャガイモ」「でんぷん」で作られているので、「Potato starch」「Potato flour」と呼ばれています。

そして、「でんぷん」は英語で、「starch」と表記します。

「片栗粉」「でんぷん」、それぞれの言葉の意味や違いを知ることで、より適切に使えるようになるでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典