スポンサーリンク

「口座振替」と「口座振込」の違いとは?徹底的に解釈

スポンサーリンク
「口座振替」と「口座振込」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「口座振替」「口座振込」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「口座振替(こうざふりかえ)」とは?

「口座振替」とは、「公共料金などの支払い分を預金口座から自動で引き落とす決済サービス」を意味する言葉です。

「振替」「同一銀行や同一支店の口座間で資金の移動を行うこと」を意味する言葉です。

「口座振替」「自動振替(じどうふりかえ)」とも表現されることがあり、水道光熱費や家賃、通信利用料やクレジットカードの支払いなどで利用されています。

「口座振替」には消費者の負担の軽減や請求業務の効率化、代金未回収リスクの低減、顧客層の拡大などのメリットが挙げられます。

「口座振込(こうざふりこみ)」とは?

「口座振込」とは、「ある口座から同一銀行の別名義の口座、あるいは他銀行の口座へ資金の移動を行うこと」を意味する言葉です。

「振込」「同一銀行の別支店や別銀行の口座へ資金の移動を行うこと」を意味する言葉です。

「口座振込」には導入が簡単であることや入金までの期間が短い、口座残高の確認を要さないなどのメリットが挙げられます。

「口座振替」と「口座振込」の違い

「口座振替」「口座振込」の違いを、分かりやすく解説します。

「口座振替」「支払い金額を預金口座から自動で引き落とす決済サービス」のことであり、「口座振込」「ある口座から同一銀行の別名義の口座、あるいは他銀行の口座への資金移動」のことです。

「口座振替」は機械が自動で執行してくれますが、「口座振込」は振り込む側の人が手動で手続きを行う必要があります。

まとめ

「口座振替」「公共料金などの支払い分を預金口座から自動で引き落とす決済サービス」を意味する言葉です。

そして、「口座振込」「ある口座から同一銀行の別名義の口座、あるいは他銀行の口座へ資金の移動を行うこと」を意味する言葉でした。

「口座振替」は手続きを機械が自動で行ってくれますが、「口座振込」は手続きを人が手動で行わなればならない点に違いがありました。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典