スポンサーリンク

「インスタントコーヒー」と「レギュラーコーヒー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「インスタントコーヒー」と「レギュラーコーヒー」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「インスタントコーヒー」「レギュラーコーヒー」の意味や違いを分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

「インスタントコーヒー」とは?意味

レギュラーコーヒーを丁寧に抽出して、独自の製法でしっかり乾燥させた粉末を「インスタントコーヒー」といいます。

お湯を注げば一瞬にして溶けるのが利点であり、すぐに本格的なコーヒーを楽しめるのが魅力的です。

そのため、豆を挽いている暇がないほど忙しいときはとても重宝します。

牛乳に砂糖と一緒に入れて温めたり、少しだけお湯を入れてから牛乳と水、砂糖を入れて冷やせばカフェオレが簡単に作れるのも多くの人に飲まれている飲み方です。

「レギュラーコーヒー」とは?意味

コーヒー豆をじっくり焙煎して、粉にするため挽いたものを「レギュラーコーヒー」といいます。

専用の抽出器具にフィルターを入れて、そこに適量の粉を入れたところに円を描くようにお湯を入れていけばコクや深みのあるコーヒーになるわけです。

手間はかかりますが、芳醇な香りが辺りに漂うところが心地良く、コーヒー好きには癒される香りとなるでしょう。

キレがある味と、さっぱりした飲み心地も人気があるところで、喫茶店ではこの粉を選んでいます。

「インスタントコーヒー」と「レギュラーコーヒー」の違い

「インスタントコーヒー」「レギュラーコーヒー」の違いを、分かりやすく解説します。

粉末タイプであるため、お湯を入れればすぐに溶けるのが「インスタントコーヒー」です。

1袋あたり10から20円程度で買える2g入りのスティック入りは携帯して、外出先でも気軽に本格的な味が楽しめます。

もう一方の「インスタントコーヒー」は自分の好きな国で作られた豆を選べるのが魅力的で、じっくり挽いた粉にお湯を入れて抽出すれば香り豊かな味が楽しめるものです。

袋入りでも売られていて、1袋50円ほどと少し高めの価格で販売しています。

まとめ

どちらもコーヒーを指すものですが、豆を挽く手間があり、味や香りが豊かであるか、お湯を注げばすぐ飲める便利さがあると覚えておくといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典