スポンサーリンク

「息苦しい」と「息切れ」の違いとは?徹底的に解釈

スポンサーリンク
「息苦しい」と「息切れ」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「息苦しい」「息切れ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「息苦しい」とは?

「息苦しい」「いきぐるしい」と読みます。

「息苦しい」は、「呼吸をするのが苦しい」という意味があります。

例えば、たくさんの人が集まるホールの中などにいると、呼吸をするのが苦しく感じることがあります。

このような場面で、「このホールは、人が集まりすぎて息苦しい」などという文章にできます。

また、「息苦しい」には「圧迫感があり、息が詰まるような感じのこと」という意味があります。

例えば、試験前の教室の中は、圧迫感がり、息が詰まるようだと感じる時、「試験前の教室の息苦しい雰囲気」などという文章にすることができます。

「息切れ」とは?

「息切れ」「いきぎれ」と読みます。

「息切れ」は、「呼吸がせわしなくなって苦しいこと」という意味があります。

例えば、階段を駆け上がると、呼吸せわしなくなり、苦しくなることがあります。

このような時、「階段を駆け上がり、息切れがした」などという文章にすることができます。

また、「息切れ」には「疲れが出たり緊張が続かずに、仕事の能率が落ちること」という意味があります。

午前中に仕事を頑張りすぎて、午後、疲れて仕事の能率が落ちる時、「午前中仕事を飛ばしすぎて、息切れした」などという文章にできます。

「息苦しい」と「息切れ」の違い

「息苦しい」「息切れ」の違いを、分かりやすく解説します。

「息苦しい」は、人が多すぎて呼吸をするのが苦しいというような、「呼吸をするのが難しくなる」ような状況で、苦しくなるのに対して、「息切れ」は、急激に酸素が必要になり、「呼吸がせわしくなくなった」ため、苦しくなるという違いがあると考えることができます。

まとめ

「息苦しい」「息切れ」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けられるようになるのではないでしょうか。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典