スポンサーリンク

「撮る」と「写る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「撮る」と「写る」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「撮る」「写る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「撮る」とは?

「撮る」「とる」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「写真を撮影して、被写体を画像として残すこと」という意味です。

2つ目は「コピー機を使って複製を作成すること」という意味です。

「撮る」の言葉の使い方

「撮る」は動詞として「撮る・撮った」「撮られる」などと使われたり、名詞として「自撮り」「撮り鉄」などと使われます。

「撮」「写真を撮影する」という意味、「撮る」「機器を使用して画像を作成すること」であり、主体が撮影する側にある言葉です。

「写る」とは?

「写る」「うつる」と読み、の意味は以下の通りです。

1つ目は「写真に姿や形が現れること」という意味です。

2つ目は「下地にある文字や絵が、上に重ねたものを通して透けて見えること」という意味です。

「写る」の言葉の使い方

「写る」は動詞として「写真に写る・写った」「写っている」「透けて写る」などと使われます。

「写」「文字や絵などをもとのようにかきうつす」「物の像をスクリーンやフィルムに現し出す」という意味、「写る」「写真や画像に姿を現し出すこと」であり、主体が撮影される側にある言葉です。

「撮る」と「写る」の違い

「撮る」「機器を使用して画像を作成すること、主体が撮影する側にある言葉」です。

「写る」「写真や画像に姿を現し出すこと、主体が撮影される側にある言葉」です。

「撮る」の例文

「撮る」の例文は以下の通りです。

・『お気に入りの風景を何枚も撮る』
・『旅行先で記念写真を撮る』
・『芸能人が無断で写真を撮られる』

「写る」の例文

「写る」の例文は以下の通りです。

・『写真に明るい表情で写る』
・『背景にUFOが写り込んでいる』
・『下敷きの絵柄が白い紙に写る』

まとめ

今回は「撮る」「写る」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典