スポンサーリンク

「勤務先」と「所属先」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「勤務先」と「所属先」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「勤務先」「所属先」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「勤務先」とは?

「勤務先」「きんむさき」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「その人が雇用契約を結んでいる企業や組織のこと」という意味です。

2つ目は「その人が実際に働いている場所」という意味です。

「勤務先」の言葉の使い方

「勤務先」「勤務」+「先」で成り立っています。

「勤務」「会社などに属して仕事すること」という意味、「先」「続いているものなどの一番はじめ」「行き着く所」「目的の場所」という意味、「勤務先」「自分が属している会社」「自分が仕事する場所」になります。

「所属先」とは?

「所属先」「しょぞくさき」と読みます。

意味は「自分が一員となっている企業や組織のこと」です。

自分が構成員として雇用契約や加入登録している団体を表します。

「所属先」の言葉の使い方

「所属先」「所属」+「先」で成り立っています。

「所属」「個人や事物などが、ある団体・組織にその一員・一部として加わっていること」という意味、「先」「続いているものなどの一番はじめ」「行き着く所」「目的の場所」という意味、「所属先」「一員・一部として加わっている、元となる団体」になります。

「勤務先」と「所属先」の違い

「勤務先」「自分が属している会社」「自分が仕事する場所」です。

「所属先」「一員・一部として加わっている、元となる団体」です。

「勤務先」の例文

「勤務先」の例文は以下の通りです。

・『申し込み用紙に勤務先の電話番号を記入する』
・『ママ友に夫の勤務先をしつこく訊かれる』
・『本社は東京だが勤務先は横浜だ』

「所属先」の例文

「所属先」の例文は以下の通りです。

・『所属先は経理部です』
・『弊社宛の郵便物には担当者の所属先もご記入ください』
・『大学での所属先は〇〇教授研究室と書いておく』

まとめ

今回は「勤務先」「所属先」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典