スポンサーリンク

「空」と「大空」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「空」と「大空」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「空」「大空」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「空」とは?

いくつもの意味があるのですが、主なものは3つです。

1つめは、頭上に広がる広々とした空間のことです。

このときの頭上とは、建物内部でのことではなく、屋外でのことを指しています。

屋外で頭上を見ると、そこには広々とした空間が広がっています。

その空間を意味します。

2つめの意味は、頭上に広がる空間の様子です。

晴れ、曇り、雨など、天空の様子をいいます。

この意味では、「雨が降り出しそうな空」のような使い方をします。

3つめの意味は、その人が今いるところから遠く離れている場所です。

この意味では「異国の空」のような使い方をします。

これらの意味は「そら」と読んだときのものです。

「空」「から」「くう」とも読むことができます。

「から」と読むと、内部に何もないこと、実際の内容がともなっていないことという意味になります。

「くう」には、仏語としての意味や、空間という意味があります。

「大空」とは?

頭上に広がる広々とした空間という意味です。

「大」という漢字には、程度がはなはだしい、形や規模が大きいという意味があります。

「空」「大」をつけると、「空」の広がりの大きさを強調した言い方になります。

頭上に広がる空間は、どこまでもどこまでも続いているように感じられます。

果てがなく非常に広い空間です。

そのような広がりを強調した言い方です。

「空」と「大空」の違い

「空」「大空」の違いを、分かりやすく解説します。

頭上に広がる空間という意味は同じです。

「大」をつけると、その広がりが大きいことを強調した言い方になります。

前者には、それ以外の意味もあります。

また、「そら」と読むだけでなく、「から」「くう」とも読むこともできます。

まとめ

2つの言葉の意味に大きな違いはありませんが、「大」という漢字をつけることで、広がりの大きさを強調した言い方になります。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典