スポンサーリンク

「天職」と「適職」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「天職」と「適職」の違いとは?ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク

この記事では、「天職」【てんしょく】と「適職」【てきしょく】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「天職」とは?意味

資格を活かした仕事ができる職業に就けたことを「天職」【てんしょく】といいます。

自分の性格に合うと感じたり、相応しいと納得できる仕事ができるのであれば、それはまさに天から与えられた運命的な仕事になるのです。

また、自分らしさを出せて、働いていて成果が出て企業に貢献したと感じるのであれば「天職」と呼べます。

「適職」とは?意味

自分の能力を活かせる仕事にありつくことを「適職」【てきしょく】といいます。

適切に仕事が効率よくできて、質のいい物づくりができるため楽しいと感じられるのであればそれは「適職」になるのです。

自分に合う仕事が見つかることで前向きに働こうと思う気持ちになりますし、いい物を作ろうと頑張るようになります。

このように、もう転職を考えられないほど適した職業が見つかったとき「適職に巡りあえる」との気持ちを表すわけです。

「天職」と「適職」の違い

「天職」「適職」の違いを、分かりやすく解説します。

この仕事しかないと強く思う職業にありついた状況を「天職」といいます。

社会へ与える業務に就いたり、企業の成長に大きく関われる仕事に就けたのであればその人の「天職」となるわけです。

もう一方の「適職」は、自分が仕事していて楽しい、面白いと思う職業を意味します。

能力に見合う仕事して、お金を得られることに満足する仕事に出会い、働いていて納得できるほど満足ができる状態を意味するわけです。

「天職」の例文

・『天職アドバイザーに相談して、天職を見つける人もいる』
・『引き寄せの法則を取り入れれば、自分に合う天職に出会える』

「適職」の例文

・『今の仕事は適職であるので、長時間働いても苦痛に感じない』
・『適職の仕事に就けたので、辞めることなく働き続けたい』

まとめ

どちらも働いて楽しいと思える仕事に出会ったことを意味する言葉ですが、使い方に多少の違いがありますので、自分なりにうまく異なる点を比較してみるといいでしょう。

ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典