スポンサーリンク

「国際線」と「国内線」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「国際線」と「国内線」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「国際線」「国内線」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「国際線(こくさいせん)」とは?

「国際線」とは、「2つの国の間を結ぶ航空路線」を意味する言葉です。

例としては、日本からソウル(韓国)や北京、上海、台北(ちゅうごく)、グアム(アメリカ )などの路線が「国際線」となります。

「国際線」の使い方

「国際線」は名詞として使われています。

「国内線(こくないせん)」とは?

「国内線」とは、「国内の各拠点を結ぶ航空路線」を意味する言葉です。

例としては、東京から北海道、大阪から沖縄などの路線が「国内線」となります。

「国内線」の使い方

「国内線」は名詞として使われています。

「国際線」と「国内線」の違い

「国際線」「2か国の間を結ぶ航空路線」という意味を表し、「国内線」「国内の各拠点を結ぶ航空路線」という意味を表します。

したがって、2語は対義語の関係に当たると言えます。

「国際線」の例文

・『大手航空会社の人気の路線は半年前から予約で一杯なのだそうだ』
・『コロナウィルスの影響により、国際線に搭乗するときと下りるときに一定の制限が設けられた』
・『国際線の運行中にシステムトラブルが発生し、機内は一時騒然となった』
・『実際に起きた国際線での事件を基にした小説がいよいよ実写化される』

「国内線」の例文

・『大手航空会社は国内線の往復にたいする還元キャンペーンを実施した』
・『コロナウィルスの影響により、国内線の発着数が著しく低下してしまった』
・『来年には、国内線の空港に大規模な改修が加えられる予定だ』
・『新しく国内線を飛ぶ航空機には最新鋭の機能が搭載されているとのことだ』

まとめ

「国際線」とは、「2つの国の間を結ぶ航空路線」を意味する言葉です。

「国内線」とは、「国内の各拠点を結ぶ航空路線」を意味する言葉です。

「国際線」「2か国の間を結ぶ航空路線」という意味を表し、「国内線」「国内の各拠点を結ぶ航空路線」という意味を表すため、2語は対義語の関係に当たると言えます。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典