スポンサーリンク

「安息」と「休息」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「安息」と「休息」の違いとは?分かりやすく解釈違い
スポンサーリンク

この記事では、「安息」「休息」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「安息」とは?

「安息(あんそく)」とは、心身を安らかに、くつろいで静かに休むことを言います。

「安息」「安」「やすい」「やすらか」「安心する」などの意味があります。

また、「息」「いき」「休む」「やめる」などを表しています。

「安息」は漢字の意味で見てみると、「安らかに休む」のような意味合いになります。

「休息」とは?

「休息(きゅうそく)」とは、仕事などをやめて、心身を休めてゆっくりすることを意味しています。

「休息」「休」は、「やすむ」「休息する」「やめる」などの意味を持っています。

さらに「息」は、前述のとおりになります。

「休息」は漢字の意味でみると、「やめて休む」と言うような意味合いになります。

「安息」と「休息」の違い

「安息」「休息」の違いを、分かりやすく解説します。

「安息」とは、心身を安らかに、くつろいで静かに休むことを意味しています。

一方、「休息」は仕事などをやめて、心身を休めてゆっくりすることを言います。

「安息」は何の煩いや心配もなく休むことですが、「休息」は、今やっていることをやめて、心身を休めることなので、この点に違いがあります。

「安息」の例文

・『定期的に安息する日が必要です』
・『安息できる場所を探す』
・『安息の地を求める』
・『私は今まで感じたことのない安息感に包まれた』

「休息」の例文

・『適度に休息を取った方が、作業効率は上がります』
・『明日は休息日なので、ゆっくり休もうと思います』
・『私は自由業なので、不定期で休息日を設けています』
・『おかげで、しばらく休息することができました』

まとめ

「安息」と関連した意味を持つ言葉としては、「心安」「心安らか」「心静か」などが挙げられます。

また、「休息」と関連した言葉では、「休憩(きゅうけい)」「休み」「息抜き」「一服」、または「休養」などがあります。

それぞれの言葉の意味を知り、適切に使っていきたいものです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典