スポンサーリンク

「ヘッドハンティング」と「引き抜き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ヘッドハンティング」と「引き抜き」の違いとは?ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク

この記事では、「ヘッドハンティング」「引き抜き」【ひきぬき】の意味と違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヘッドハンティング」とは?意味

企業で働く経営者や役員、社員の中で実力や才能があって優秀な成果を出す人が欲しいと思うとき、うちで働いて欲しいと外部企業が口説いて迎え入れることを「ヘッドハンティング」といいます。

主に、事業運営を改善するために経営幹部や関連した専門職を狙い、優秀な人材を選んで知識と経験を活かし、高度な専門スキルを持つ人を集めるためにハンティングするわけです。

「引き抜き」とは?意味

これから有能な能力を発揮すると思う人に他社からスカウトして、転職することを「引き抜き」【ひきぬき】といいます。

知り合いや自社の社員が直接声をかけて、ぜひとも来てほしいと誘うわけです。

ダイレクトメールで直接アプローチして、本人をその気にさせる「引き抜き」では、幹部や専門職でなくてもよく、経験も浅い社員であっても対象になります。

「ヘッドハンティング」と「引き抜き」の違い

「ヘッドハンティング」「引き抜き」の違いを、分かりやすく解説します。

経営に関連した仕事に就く者から、知識や実績がある優秀な人を選んで外部企業が口説くことを「ヘッドハンティング」といいます。

事業責任者や研究職、エンジニアなど高度な専門スキルを持つ人をとくに欲しいと思うとき、仲介業者を通してハンティングするわけです。

もう一方の「引き抜き」は直接声を掛けたり、ダイレクトリクルーティングで来て欲しいと思う人に直接アプローチするという違いがあります。

「ヘッドハンティング」の例文

・『独自のルートでヘッドハンティング会社が人を探して紹介する』
・『転職エージェントに登録すれば企業からヘッドハンティングがくる』

「引き抜き」の例文

・『知識や経験に関係なく、階層が低くても声を直接かけて引き抜く』
・『友人が一緒に働きたいと思う人に声をかけて引き抜くこともある』

まとめ

どちらも一緒に働いて欲しいと思うとき声を掛ける方法を表す言葉ですが、優秀な人材を選ぶか、経験や実績がなくても直接声をかけるかの違いがあると覚えておくといいでしょう。

ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典