スポンサーリンク

「ヌガー」と「キャラメル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ヌガー」と「キャラメル」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「ヌガー」「キャラメル」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

ヌガーとは?

ヌガーとは、シロップや水あめを煮詰めてナッツやドライフルーツを混ぜ冷やして固めて作る柔らかい飴のことをいいます。

ソフトキャンディの一種で、アラブのお菓子であるハルヴァが元になっています。

蜂蜜とクルミで作ったものが中国に伝わり、中国からフランスに伝わって現在の形になりました。

今でも蜂蜜を使ったヌガーは、高級品として知られています。

フランス語では「nougat」と書きます。

メレンゲを加えて作る白いヌガーもあり、ヌガー・ド・モンテリマールと呼ばれています。

キャラメルとは?

キャラメルとは、牛乳や砂糖、生クリーム、水あめ、バターなどの材料を煮詰め冷やし固めて作る柔らかい飴のことをいいます。

キャラメルもソフトキャンディの一種で、クレタ島でアラブ人によって作られたお菓子が元になっているといわれています。

その後、フランスに伝わり現在のようなキャラメルが誕生しました。

また、生クリームを沢山使っているものは生キャラメルと呼ばれています。

生キャラメルは日本で生まれたお菓子で、通常のキャラメルよりも柔らかいのが特徴です。

キャラメルには、チョコレートやコーヒー、フルーツ、ナッツ等の風味が加えられているものもあります。

ヌガーとキャラメルの違い

ヌガーもキャラメルもソフトキャンディですが、使用している材料には違いがあります。

ヌガーにはナッツやドライフルーツが入っていますが、キャラメルにはナッツやドライフルーツは入っていないことが多いです。

ヌガーの語源はラテン語の「nux」でナッツを指す言葉になります。

そのためヌガーには、ナッツは欠かせないものといえるでしょう。

まとめ

ヌガーとキャラメルでは、使用している材料に違いがあります。

ヌガーにはナッツやドライフルーツが欠かせませんが、キャラメルには入っていないことが多いです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典