スポンサーリンク

「依頼」と「要請」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「依頼」と「要請」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「依頼」「要請」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「依頼」とは?

「依頼」とはしてほしい事を誰かにしてもらうように頼むことです。

誰かにやってもらえるならそれにこしたことはありませんが、絶対にやってもらう必要がある訳ではないことについて使われます。

たとえば「依頼」した相手に断られたり失敗したとしても他の人に頼んだり後で自分がやれば問題なかったり、駄目なら駄目で諦めてもいい物事や用件というものもあるでしょう。

そう言った必須ではないけれどやって貰えればありがたいことを頼むのが「依頼」です。

「要請」とは?

「要請」とは絶対にやらなければいけないことや実現が必要なことを相手に求めることです。

なぜそれが必要なのかは組織の存在意義に関わるからであったり、やらなかった場合社会全体への不都合になるからなど様々ですが、客観的に見ても必要性が高いと認められる理由があります。

また「要請」は不特定多数の相手に頼むようなものではなく、それが実現できる可能性が高いと見なされた相手やそれをする義務や役割を持つ相手など、相手を選んで求められる場合がほとんどです。

「依頼」と「要請」の違い

「依頼」「要請」の違いを、分かりやすく解説します。

してほしい事を誰かにするように求めることが「依頼」で、してもらわないといけない必要不可欠な用件をするよう求めることが「要請」です。

「依頼」は特定の相手にだけする場合も不特定多数の相手にする場合もありますが、「要請」は基本的に相手を選んで特定の相手にだけします。

まとめ

「依頼」「要請」の違いはする側にとって必要に迫られているかどうかの違いであり、「依頼」は必要性が低く逆に「要請」の場合は必要性が高い言葉と言えます。

そのためされる側としても「依頼」は断るハードルが低いのに対し、「要請」は特別な理由もなく断ることが難しいという違いも生まれてくるでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典