スポンサーリンク

「命中」と「的中」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「命中」と「的中」の違いとは?違い

この記事では、「命中」「的中」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「命中」とは?

「命中」「めいちゅう」と読みます。

意味は「矢・弾丸などが、ねらった場所に当たること」です。

あるものを当てようと狙いを定めて放ったところ、正確に当たることです。

「命」「いのち」とも読み「目当て」という意味、「中」「なか」とも読み「物のまんなか」という意味です。

「命中」の言葉の使い方

「命中」は名詞として「命中する・した」「命中させる」などと使われます。

基本的に、最初から当てるつもりで狙って当てることであり、予想や偶然で当たったことには使われません。

「的中」とは?

「的中」「てきちゅう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「矢や弾丸が目標に当たること」という意味で、「命中」とほぼ同じ意味です。

2つ目は「予想や勘が当たること」という意味で、予測した通りになることです。

「的」「まと」とも読み、「ねらったり目ざしたりする対象」という意味です。

「的中」の言葉の使い方

「的中」は名詞として「的中する・した」「的中させる」「予想的中」などと使われます。

基本的に、最初から狙って当てることだけではなく、予測が当たることにも使われます。

「命中」と「的中」の違い

「命中」「ねらった場所に当たること」です。

「的中」「ねらった場所に当たること」「予想や勘が当たること」です。

「命中」の例文

「命中」の例文は以下の通りです。

・『矢が獲物に命中する』
・『銃弾が標的に命中する』
・『石を投げて木の実に命中させる』
・『夜店で射的に命中させる』

「的中」の例文

「的中」の例文は以下の通りです。

・『ボムが敵に的中すればアイテムをゲットできる』
・『競馬の予測が的中する』
・『占いが的中する』
・『嫌な予感が的中する』

まとめ

今回は「命中」「的中」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典