スポンサーリンク

「合鴨」と「鴨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「合鴨」と「鴨」の違いとは?動物・植物・昆虫
スポンサーリンク

この記事では、「合鴨」「鴨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「合鴨」とは?

「合鴨」「あいがも」と読み、「マガモ」「アヒル」を交配させた交配雑種のことを指す言葉です。

また、「合鴨」「アヒル」を交配させたものも「合鴨」と呼ばれることがあります。

このように書くと、まるで違う種類の取りを交配させて作った鳥という印象がありますが、「マガモ」を家畜化したものが「アヒル」なので、生物学的には、同じ種類の鳥を掛け合わせて作った鳥と考えることができます。

「合鴨」は、狩猟用のおとりに使われることや、合鴨に害虫を食べてもらう、合鴨農法に利用されています。

「合鴨」の見た目は茶色と白と黒で、地味な印象があります。

「鴨」とは?

「鴨」「かも」と読み、鴨科の鳥のことを指します。

「鴨」の中には、日本の川に定住しているカルガモも含まれますが、鴨肉として「鴨」と呼ぶ場合は、「マガモ」を指すことになります。

ちなみに、「マガモ」を家畜化したのが「アヒル」となります。

渡り鳥である「鴨」に対して、「アヒル」は、ほとんど飛ぶことができないという特徴があります。

「鴨」は高級食材として知られていて、ステーキや「鴨南蛮」の具材としても人気があります。

「鴨」は、グリーンの頭部と茶色と灰色の体という、メリハリのあるカラーリングが特徴的です。

「合鴨」と「鴨」の違い

「合鴨」「鴨」の違いを、分かりやすく解説します。

「合鴨」は、「鴨」と、「アヒル」を交配させて作られた、交配雑種のことを指す言葉になります。

ただし、「アヒル」は、「鴨」を家畜化したもので、生物学的には同じ鳥なので、「合鴨」「鴨」も生物学的には同じ鳥となります。

まとめ

「合鴨」「鴨」の違いについて見てきました。

「合鴨」は、「鴨」「アヒル」を掛け合わせて作られた、交配雑種であるものの、生物学的には同じ鳥だと覚えておくといいでしょう。

動物・植物・昆虫
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典