スポンサーリンク

「メロディー」と「伴奏」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「メロディー」と「伴奏」の違いとは?専門用語・業界用語
スポンサーリンク

この記事では、「メロディー」「伴奏」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「メロディー」とは?

ある音の高さや長さを持ったいくつかの節が連なり、リズムを伴って進行していく節の繋がりのことを「メロディー」と言います。

日本語では「旋律」と言います。

メロディーライン、カウンターメロディー、といった音楽用語としても使われています。

「伴奏」とは?

「伴奏」「伴」+「奏」の熟語ですが、「伴」には「ともなう、仲間、釣り合い」といった意味合いがあり、「奏」「奏でる」という意味があります。

このように、「ともなって奏でる」というニュアンスであることから、メロディーに対して釣り合いを取った演奏のことを「伴奏」と呼びます。

「歌」に対して伴奏を行うことを「歌の伴奏」、また、ピアノによる伴奏のことを「ピアノ伴奏」、そして、楽器がギターに変われば「ギター伴奏」、目の前で人が演奏してくれる伴奏を「生伴奏」などと呼びます。

「メロディー」と「伴奏」の違い

音楽には、三大要素という大切な構成要素があります。

それは、「メロディー、リズム、ハーモニー」です。

つまり、メロディーは音楽の重要な要素のひとつであり、音楽のメインとも言えます。

対して、「伴奏」はこの三大要素に含まれていません。

ですから、「伴奏」は音楽の性質を決定づける要素ではないことが分かります。

伴奏は、メロディーを引き立たせる役割を持つものです。

伴奏に合わせてメロディーを奏でることによって、メロディーの持つ雰囲気や味わいをより楽しむことが出来ます。

また、伴奏の手法にも多くの種類があり、ピアノやギターによるソロ伴奏はもちろんのこと、バンド演奏やオーケストラ演奏による「伴奏」も存在します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

音楽の三大要素である「メロディー」と、その「メロディー」を引き立たせる役割を果たすのが「伴奏」であることが分かりました。

日本人に馴染みの深い「カラオケ」も伴奏形態のひとつと言えるでしょう。

専門用語・業界用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典