スポンサーリンク

「いじめ」と「嫌がらせ」と「イタズラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「いじめ」と「嫌がらせ」と「イタズラ」の違い生活・教育

この記事では、「いじめ」「嫌がらせ」「イタズラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「いじめ」とは?

「いじめ」「虐め」とも書き、意味は以下の通りです。

1つ目は「自分よりも弱い者に対して、肉体的、精神的に意地悪して苦しめること」という意味で、自分よりも弱くて気に入らないものに対して、苦しめる為にわざと嫌がることをすることです。

2つ目は、「主に学校において、仲間外れにしたり、私物を隠したり、暴力を振るったりすること」という意味です。

上記に共通するのは「相手に意地悪する」という意味です。

「いじめ」の使い方

「いじめ」は名詞・形容動詞として「いじめだ・である」「いじめを受ける」「弱い者いじめ」と使われたり、動詞として「いじめる・いじめた」使われたりします。

基本的に、自分より弱い者に対して、非好意的な感情を持って意地悪して困らせることに使われる言葉です。

「いじめ」の例文

・『彼は同僚からのいじめにより会社を辞めた』

「嫌がらせ」とは?

「嫌がらせ」「いやがらせ」と読みます。

意味は「相手が不快に思ったり、困るようなことをすること」という意味で、相手を傷つける様なことを言ったり、悪い噂などを言いふらして不利な状態にして、わざと困らせることです。

「嫌がらせ」の使い方

「嫌がらせ」は名詞・形容動詞として「嫌がらせだ・である」「嫌がらせする・した」「嫌がらせされる」「嫌がらせを受ける」などと使われます。

基本的に、相手が不快に思ったり、困るような言動をわざとすることに使われる言葉です。

「嫌がらせ」の例文

・『彼女は夫の不倫相手から嫌がらせされて困っている』

「イタズラ」とは?

「イタズラ」「悪戯」と書き、意味は以下の通りです。

1つ目は「ふざけて人の迷惑になること」という意味で面白半分にしたことで人に迷惑をかけるもののことです。

2つ目は「限られた人しか触ってはならないものを戯れでいじること」という意味で、本来それを触るべき人以外の関係ない人が興味本位でいじることです。

3つ目は「性的にみだらなふるまいをすること」という意味で、強制わいせつのことです。

上記に共通するのは「ふざけて迷惑になる」という意味です。

「イタズラ」の使い方

「イタズラ」は名詞・形容動詞として「イタズラだ・である」「イタズラする・した」「イタズラ小僧」などと使われます。

基本的に、ふざけてしたことで人に迷惑をかけることに使われる言葉です。

「イタズラ」の例文

・『子供がイタズラしてカバンの中を泥だらけにする』

「いじめ」と「嫌がらせ」と「イタズラ」の違い

「いじめ」「自分より弱い者に対して、非好意的な感情を持って意地悪して困らせること」という意味です。

「嫌がらせ」「相手が不快に思ったり、困るような言動をわざとすること」という意味です。

「イタズラ」「ふざけてしたことで人に迷惑をかけること」という意味です。

まとめ

今回は「いじめ」「嫌がらせ」「イタズラ」について紹介しました。

「いじめ」「弱いものを困らせる」「嫌がらせ」「相手をわざと不快にする」「イタズラ」「ふざけて迷惑かける」と覚えておきましょう。