「悠長」と「悠然」と「呑気」の違いとは?分かりやすく解釈

「悠長」と「悠然」と「呑気」の違い生活・教育

この記事では、「悠長」「悠然」「呑気」の違いを分かりやすく説明していきます。

「悠長」とは?

「悠長」「ゆうちょう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「態度や振る舞いなどが落ち着いている様子」という意味で、いつもと変わらず平静を保っている様子のことです。

2つ目は「現実に見合わない気の長さを感じさせる様子」という意味で、本来もう少し急ぐべきところで、気楽に考える様子のことです。

上記に共通するのは「気が長い」という意味です。

「悠長」の使い方

「悠長」は名詞・形容動詞として「悠長だ・である」と使われたり、形容詞として「悠長な話」などと使われたり、副詞として「悠長に支度する」などと使われたりします。

基本的に、態度や振る舞いなどが落ち着いている様子や、本来急ぐべきところで気の長い様子に使われる言葉です。

「悠長」の例文

・『今から対策を考えるなどと悠長な話をしている場合ではない』

「悠然」とは?

「悠然」「ゆうぜん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとに動じない様子」という意味で、平静で落ち着いている様子のことです。

2つ目は「心にゆとりを持っている様子」という意味で、おおらかでゆったりとふるまう様子のことです。

上記に共通するのは「動きが落ち着いている」という意味です。

「悠然」の使い方

「悠然」は名詞として「悠然たる態度」などと使われたり、副詞として「悠然と立ち去る」などと使われたりします。

基本的に、態度や動きがおおらかでゆったりとしている様子に使われる言葉です。

「悠然」の例文

・『彼は大事なプレゼンが始まる直前でも悠然と構えている』

「呑気」とは?

「呑気」「のんき」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「性格がのんびりしている様子」という意味で、細かいことを気にせずに何とかなると思う性格のことです。

2つ目は「緊張感がなく考え方が甘いこと」という意味で、本来急いだり、しっかりと締めるべきところで行動しないことです。

上記に共通するのは「のんびりしている」という意味です。

「呑気」の使い方

「呑気」は名詞・形容動詞して「呑気だ・である」と使われたり、形容詞として「呑気な性格」などと使われたり、副詞として「呑気に暮らす」などと使われたりします。

基本的に、のんびりしていて、緊張感がない性格に使われる言葉です。

「呑気」の例文

・『面接に落ちたのにゲーム三昧とは呑気な人だ』

「悠長」と「悠然」と「呑気」の違い

「悠長」「態度や振る舞いなどが落ち着いている様子」「本来急ぐべきところで気の長い様子」という意味です。

「悠然」「態度や動きがおおらかでゆったりとしている様子」という意味です。

「呑気」「のんびりしていて、緊張感がない性格」という意味です。

まとめ

今回は「悠長」「悠然」「呑気」について紹介しました。

「悠長」「気が長い」「悠然」「ゆったりしている」「呑気」「気持ちがのんびりしている」と覚えておきましょう。