スポンサーリンク

「電子レンジ」と「スチームオーブンレンジ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「電子レンジ」と「スチームオーブンレンジ」の違いとは?違い
スポンサーリンク

当記事では、「電子レンジ」「スチームオーブンレンジ」の相違点を明確に解説していきます。

スポンサーリンク

「電子レンジ」とは?

電子レンジは、でんしれんじと読むのが正解な言葉です。

文字で記されたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事でしょうが、素粒子の1種といった意味を持っている電子の漢字に、加熱する調理器具といった意味を有するレンジの文字を付け加える事で誕生した言葉となっています。

以上の事から電子レンジは、マイクロ波により分子が振動して発熱する仕組みを駆使して、食品を短時間で加熱する調理器を示すのです。

「電子レンジ」の言葉の使い方

電子レンジは、電磁波により水分を含んだ食品等を加熱する調理機器という意味で用いられる言葉となっています。

マイクロ波を食品等に照射する事で、水分子を振動させて温める機能を持つ調理器に対して、この電子レンジという言葉が使用されているのです。

「スチームオーブンレンジ」とは?

スチームオーブンレンジは、蒸気や水蒸気等の意味のスチームの文字に、加熱機能とグリル機能を兼ね備えた家電といった意味があるオープンレンジの文字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそスチームオーブンレンジは、加熱したり焼くというグリル機能に加え、スチーム機能をプラスした調理器を表すのです。

「スチームオーブンレンジ」の言葉の使い方

スチームオーブンレンジは、食品を温めたり、焼いたりといったオーブンレンジの機能に、水蒸気で加熱するといった機能を足した調理機器という意味で使われる言葉となっています。

要するに名前の通り、オーブンレンジにスチーム機能を加える事で誕生した調理機器に対して、使用される言葉です。

「電子レンジ」と「スチームオーブンレンジ」の違い

電子レンジとスチームオーブンレンジの文字表記を見比べれば、電子とスチームオーブンという文字の違いを発見出来ます。

所が最後のレンジという文字が共通しており、どちらも食品を温めるという機能を持つ調理器を表現するのです。

とはいえ電子レンジは、マイクロ波を使用して食品を短時間で加熱する調理器を示します。

一方のスチームオーブンレンジは、電子レンジにグリル機能を足し、更に水蒸気によるスチーム機能を加えた多機能な調理器を表すのです。

まとめ

2つの言葉は共通する文字があるだけでなく、加熱機能を所有する調理器を指し示す言葉となっています。

ただし電子レンジは、電磁波を駆使して食品を加熱する調理機器という意味で用いられる言葉です。

対するスチームオーブンレンジは、電子レンジの加熱機能やオーブンレンジのグリル機能に加え、スチーム機能まで兼ね備えた調理機器を表す言葉として使われています。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典