スポンサーリンク

「接客」と「接遇」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「接客」と「接遇」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「接客」「接遇」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「接客」とは?

接客は、せっきゃくと読むべき言葉です。

文字で記されたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事でしょうが、人と会うという意味を持つ接の文字に、招かれる人や他人の家を訪れる人といった意味を所有する客の文字を、付け加える事で誕生した言葉となっています。

以上の事から接客は、客にもてなしをする事を示すのです。

「接客」の言葉の使い方

接客は、客をもてなすという意味で用いられる言葉となっています。

シンプルに客に接して、応対するという意味の言葉として使用されているのです。

「接遇」とは?

接遇は、せつぐうと読むのが正解な言葉となっています。

漢字で書かれたこの言葉を見れば理解出来る事ですが、人とせっするやくっつくといった意味の接の漢字に、思いがけず出会うとか、めぐりあうといった意味がある遇の漢字を付け足す事で成立した言葉です。

だからこそ接遇は、もてなすや応接するといった意味を表します。

「接遇」の言葉の使い方

接遇は、応接するといった意味の言葉として使われているのです。

ただ客に対応するだけでなく、言葉で受け答えする等しながら丁寧にもてなす事を表現する言葉として、この接遇という言葉が使用されています。

「接客」と「接遇」の違い

接客と接遇の漢字を見比べれば、直ぐに2文字目の漢字が、客と遇の違いがある事を発見可能です。

所が最初の漢字が同じ接であり、共に客をもてなすという同じ意味を持っています。

ただし接客は、シンプルに客の応対をするといった意味を示すのです。

一方の接遇は、応接という形で言葉で受け答えしながら、丁寧にもてなす事を表します。

まとめ

2つの言葉は、最初の漢字が同じで、同じ意味合いを示す言葉同士ですが、2文字目の漢字が違う事で、表現する意味のニュアンスには相違点が存在しているのです。

ちなみに接客は、単純に客をもてなすという意味の言葉として用いられています。

対する接遇は、言葉での受け答えをプラスする等して、より丁寧に客をもてなすといった意味の言葉として、使われているのです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典